あの重々しい年代思う青銅の腕時計の重い拾の昔の時間

毎回目は青銅を眺めて、内心がでも1筋獲得するのが落ち着いていて、もしかするとあのまだらになっている緑青のためで、歳月の痕跡をごまかせないで、昔のすばらしいのを実証して、更に古風で質朴な世の変転の感を増やします。時間の経過に従って、色合いの鮮やかな青銅は次第に薄くて緑の緑青が現れて、色も次に変えて、独特な色調を形成して、復古の風格を配ります。青銅の腕時計はここ数年同じく次第に興って、青銅の材質を運用して殻と細部設計の上で表して、踏襲してあの重々しい年代思いますと古典の趣。

いつも時間死去していく時、私達はやっと時間の慌ただしいのに感嘆するのにわかって、総が以前のかつての隙間を追憶していてやっと行くすぐ大切にします。よく表す人はきっと更に時間の貴重なのを理解して、だから私達は有限な時間の中ですべてを学ばなければならなくて、すばらしい人生を過ぎます。