単独で表を作成して絶えず改善します

創始者のカール・フリードリヒ・宝の齊莱は1人の非常に自信を持った人で、彼は会社のために“たゆまず頑張りぬく”と“独立自主で”の箴言を残して、いっそう自分の2人の息子に影響して更には孫の世代が家族企業まで(に)身を投じます。

宝の齊莱は林に位置して承諾してLengnauの全新自有時計工場、更にブランドの“物事の成り行くままに従わない”に頼る理念を実証して、持続的に獲得することに成功して、力はそれを打ちます

つくって全く新しい技術センターになります。新工場のは落成してと新しいチップの研究開発そして実際に運用して、宝の齊莱に少数に歩み入っていくつ(か)が本当に全く持って独立を表の作成能力のスイス時計工場の行列始めさせます。宝の齊莱の新工場と新しいチップ、ブランドが極めて大きい進歩的なのと業績を意味する、消費者についてにとっても多元と個性化の製品の選択を提供していっそう、共にブランドを目撃証言して発展して‘黄金時代’の新しいマイレージに入ることができるだけではありません。”