Oris(オリス)は上海で開催ウィリアムズシリーズ腕時計の鑑賞会

1904年に設立されたOris(オリス)は時計職人PaulCattinとGeorgesChristianはスイス北西部のHolstein(ヘスタン町の創立。
近日情報、成立1904年のOris(オリス)は時計職人Paul CattinとGeorges Christianはスイス北西部のHolstein(ヘスタン町の創立。1985年、早く機械表を風靡して世界の前に、Orisだけに集中する高精密機械時計の研究と製造、今日に至るまで続けて同じブランド戦略。Oris手動で一心にを腕時計に熱中し、究極の機械ムーブメントを永遠と価値の時計ファンは、レース、スキューバダイビング、飛行、文化四大シリーズ時計世界表ファンの高さを満たす。

2017年よんしよ月ご日、ちょうどF1中国駅の開催にあたり、スイス独立タブブランドORISオリス手を携えてF 1チームは上海で強豪イギリスウィリアムズオリスウィリアムズシリーズ腕時計の鑑賞会。当日、オリス大中華圏総裁David Weberさん、オリス中国区総経理严民辉さんやウィリアムズ新晋天才ドライバーLance Strollデビュー現場、ゲスト共赏オリスウィリアムズシリーズに腕時計を分かち合い、レース競技場で時間と速さを悟る。2003年今なお、オリスのブランドとウィリアムズF 1チームの協力じゅうよん年目に入りました。に基づいて無比にモータースポーツの情熱やレーシング運動寸刻を争う精神の共通認識と、オリスウィリアムズF 1チームはずっと手をつないで、点火レース「豪情。

オリスとウィリアムズのチームの協力でとどまらタイマーパートナーの上に、更に深く腕時計開発の中で、近年様々オリスウィリアムズ新作を発表した。オリスウィリアムズ「エンジン」に腕時計やオリスウィリアムズ炭素繊維クロノメーターは2016年バーゼル表展デビューし、今では世界的にも非凡な熱や注目。そして2017年バーゼル表展のオリスChronorisカレンダー時計や新版オリスウィリアムズ「エンジン」に腕時計を更にすこぶる愛顧を受けてフィルム。

新型の腕時計、イベントではいちいちデビュー、近距離の鑑賞するとも人オリスのレースの精神に熱く。オリスウィリアムズ「エンジン」に込めた腕時計を多くレース表示スケールのインスピレーション分内層フェイスとウィリアムズレースの計器盤。円錐時計と時計の歯車の形の冠、すべてはF 1のレースのシンボルの要素です。42mmステンレスケース採用研磨や曳糸2種類の研磨技術、指先にモータースポーツ壮健の風。

オリスウィリアムズ炭素繊維クロノメーターの炭素繊維技術インスピレーション源は同じウィリアムズF 1チーム。F 1の製造材料を持つことが極限強度の重量比、レースのほか枠、ハンドルなどの中核部品は2倍に鉄鋼強度が、重さはそのいち/ごの炭素繊維制。オリスウィリアムズ炭素繊維クロノメーターのケースでボックスもそうで、重さはわずか7 . 2グラム。オリスウィリアムズ炭素繊維クロノメーターの表の冠、カウントダウンボタン、ベゼルと後を軽く材質は堅固なチタン合金を所有し、さんじゅう分カウントダウン、じゅうに時間タイミングや小秒針表示機能。時計の針と時間盤は、ウィリアムズチームの古典的なブルー、および、よりダイナミックな。

今年はちょうど幕を下ろすのバーゼル表展で、Chronorisカレンダー時計にするデビュー、オリス、1970年発売の初の同名の自動クロノレース腕時計をChronorisの名前を融合させた「Chronographクロノメーター」と「Orisオリス」、造形も非常に時代の息吹。現代技術とレトロである39mmサイズのステンレスケースに融合入り混じり、腕時計の中で持って線曲ばかりを徹底的に現れ、前世紀ななじゅう年代の運動の腕時計の美学。文字盤灰黒の交互に反映モータースポーツの冷厳実務;分目盛と中央秒針は鮮やかなオレンジ色を塗って、濃厚な雰囲気の中で漏らす1筋の反抗とコロ。

2017年はウィリアムズF 1チームに成立した第よんじゅう週年、今、オリスとウィリアムズF 1チームの協力もいずれ第じゅうよん年。祝いのためにこの節目の時も記念として両者の十数年の誠実な協力、オリスを導入特別オリスウィリアムズよんじゅう週年限定モデル腕時計。

この腕時計骨を脱ぎ、オリスChronorisやオリスウィリアムズ腕時計のデザインセンス、来賓巨大スクリーンでプレビューを鑑賞したオリスウィリアムズよんじゅう週年時計の速度や復古の風情、この注目の腕時計は今年ろく月に正式に出版される。

ウィリアムズF 1チーム新晋のドライバーLance Strollは今回のイベントのゲスト、1998年に生まれカナダの彼は史上最も若いF1レーサーの一つで、各大外国メディアと、「天才少年」。少年時代はカート合宿の経験と急成長させる専門F1レーサー、つい時間とレース競技の関係Lance「F 1試合は一刻を争うの競技場、運転、メンテナンスされ、すべてを体現している時間に対する厳格な管理を、これもまさにF1車戦人の胸を熱くした原因。このような時計とオリスの協力、ドライバーたちをもっと理解時間は試合の意味。」

ためにはさらに体験時間と反応速度の関係を理解し、F 1競技場の上で1 Lance Strollと刺激やサスペンス、出席者を卓球ゲームインタラクティブ――ひとつひとつターンの速度と反応の戦いの中で体験「零秒反応」という激情、体味時間の運動競技の深い関連。

オリス大中華圏総裁David Weberインタビューで語った。「Lance Strollの加盟をウィリアムズF 1チームの新しい活力を注入し、楽しみウィリアムズF 1チームは今年より大きな成績を取得。モータースポーツやレース文化としてオリスの重要なブランドの遺伝子の一つで、ずっと見守っているオリスのこの分野の投入やを注いで、心からオリスとウィリアムズF 1チームの協力が遠く歩むほど、もっと多くの人に知ってモータースポーツ文化を好き。」