JDがすばらしく超美が現れて4酉年に生まれ年が表します

酉年に間もなく来て、ジャークの独ルーマニア(JaquetDroz)は4モデルが芸術の労働者の坊から真心から協力するのを製造する腕時計出して、中国とジャークの独ルーマニア(JaquetDroz)の間の歴史の源に向って敬意を表します。ブランドの創立からのため、ジャークの独ルーマニア便は一度も旅行する足どりを停止してません。ジャークの独ルーマニアは欧洲王の廷をもれなく訪問しのでことがあって、最初中国のブランドの中の一つに入るで、18世紀の時に紫禁城でその作品を展示しのでことがあります。言うことができて、私達が上品な客の独ルーマニアの歴史の中からブランドが見つかって中国に対して文明的なのが心から愛することができます。それ以外に、北京故宮で展示した歴史はモデルを表して、同じく目撃証言してジャークの独ルーマニアと中国の間の悠久の源を書くことができます。酉年に到来する時、JD芸術の労働者の坊の職人の大家そのシンボル的な頃の小針皿の上で(Petite Heure Minute)、2匹製造しだして新しくモデルを表して、条理は表してそれぞれ2つのデザインを出して、送って中国の農業曆新年を祝います。

ニワトリは中国の12生まれ年の体系の中で第10に位置して、象徴は積極的な品性を書きます:おとなしい親和、勇敢な善闘、威力があって意気が奮い立つ、かばう力を持って、および夜明けを知らせます夜明けを知らせる特性。ジャークの独ルーマニアにとってですか??、はニワトリは時間と分けられない関連を書いてその上、はブランドの維持した自然主義の伝統と頃と小針皿の詩情設計がお互いに符合するのがいます。それ以外に、その時計の文字盤も労働者の坊の本当に自由な作品の空間を提供して、職人達に思いきり自由自在に書く巧みで完璧な技巧のことができさせて、同じく時間に表示して美学になって宴会を供応させます。

まず、先にこれが超縮小化の絵画の技術の2つのデザインを書きがいるのを見に来ました。この技術は時代の職人の大家を啓蒙してから踏襲して、名実ともに備わる技術の初めての試みを称することができて、今回の私達のこの技術大きい見える火のエナメルの時計の文字盤で舞台として、完璧にみんなの目の前で現れます。このモデルはそれぞれ39ミリメートルの直径のバラの金によく合って殻と35ミリメートルの直径のラインストーンを表して殻を表しを表します。辺鄙な手作業を表して振り子陀の上で水彩画の方法で雄鶏の図案が現れるのを彫刻して、深く同時に中国の書道の傑作のイタリアの韻のを備えて、徴春に似ているのと大地、ビエンチャン前に甦の花王のボタンにも回復して互いに呼応します。時計ごとに皆独自の旗印を掲げて、溶けて名実ともに備わる超縮小化を行って描いて行って、したたり落ち芸術家の精妙な技巧が現れます。その他に、時計の文字盤の左側也は何竿の青竹を立てて、書きを代表して寓意、青春が駐在して、正直に死んでも屈服しない気骨を点検するのをちょうどおよび祝福します。

続いて見たのはその他に2モデル超縮小化の彫刻工芸によく合うです。第1羽の雄鶏は頃に小針皿はJD労働者の坊の手製で彫刻するひすいと白色の真珠の雌の貝の手の込んだ仕事を搭載して時計の文字盤を象眼して、、質感と重々しく光沢の独特な珍しい金は互いに照り映えて、制限して28発行します。この巧みで完璧な傑作もアジアの代表性の材質の中の一つに向ってでです――玉は敬意を表します。玉、象徴は幸運で健康で、人生の重大な時間の贈り物の良い贈り物です。この時計の時計の文字盤は手作業を通じて(通って)色を塗って、単に色調で浮き彫りのアウトラインごとにはっきりと示します。最後、精密な緻の珍しい米の景は時計の文字盤上でありありと抜きんでるようで、JD芸術の労働者の坊の巧みで完璧な技巧と中国の伝統の絵を画く独特な風格と趣が現れます。もう一つのモデルは制限して8つの時計のモデルを発行して、それの雄鶏の煌びやかで美しい羽は全く手製で製を描いて、生き生きとしていて、きらきら光ってまばゆいダイヤモンドと互いに照り映えて輝きを増して、もやの中でゆっくりと昇る朝日、層の重ねの連綿と続く山並み、および白色が黒色の微かな激しい変化の精密な緻のボタンの花弁に着く、光華が目的の宝石の引き立てに光り輝いている下から更に美感。色を塗る処理する彫刻を通じて(通って)陀装飾を並べて埋め込みして装飾を貼るひすいがあって、徹底的に技術の優秀な精髄が現れます。

この4モデルの時計は両ぜんまいの箱とケイ素の質を配備して並べて空中に垂れる糸のチップに順番に当たりを搭載するのをつないで、ジャークの独ルーマニアの鉱物の材質、彫刻と超縮小化の絵画の方面の詳しくて深い造詣親切なの、中国のとけない縁が現れますとおよびと。それ以外に、それらは更に新年新しい人(年)を歓迎する際だけではないのを展示して、伝統を伝承するだ時。