性能のきんでているサファイア

透明なサファイアの水晶は伝統の腕時計が鏡映面をそりを防いで材質を使うのです。しかしこのような材料の材質は非常に平均していてまたかたくて、そしていくつかChopardショパンのみごとに開発するきんでている性能を持ちます。一般的に言えば、3は表す音のリードにチップの管状の部品をめぐっているのを聞いて、時間を知らせて設置して起動する時音の金槌を受けて打って、振動を通じて(通って)共鳴が発生して音を出します。しかしそれと鋼あるいは金制の音のリード、L.を使いますU.C FullStrike3は時計にサファイアの水晶の音のリードを配備したのを聞いて、その上Chopardショパンはまた(まだ)この革新設計を推進するのが更に遠いのを望んで、これらの音のリードを調和がとれている全体の一部分にならせます。

換言すれば、これらのサファイアの水晶の音のリードとサファイアの水晶の鏡映面はひとつのサファイアの水晶とから作ってなるので、だから音のリードはこれは鏡映面と両者は実は合わさって1つとなったのひとつの材質でと、いかなるぬぐい継手がなくて、ビスコースあるいはねじをも必要としないのが継ぎ合わせる固定的で、これは時計の史の上で全く独特で斬新な設計が構想を練るので、だからChopardショパンはこのため一つの特許を申請しました。或いは表を作成する業が高いに本当の領域を守っているのだであろうと、つながる材料の一定多かれ少なかれを通じて(通って)音波のが順次伝えるのに対して不利です。だから音のリードは鏡映面の間の1分のすきもない一体と連結して直接音を忠実に表すまで(に)殻の外で順次伝えることができて、少しも効き目とその独特な音質を失いません。

サファイアの水晶はまた(まだ)別の一つの優位、それはつまりそれの材質の非常にかたい特質があります。すぐ鋼の金槌を使い2百万回その許し代を試す、それのやはり(それとも)堅固な不破打ちます。でも、かたい長所の代価便は:このような材質の高い難度を作ります。このようにかたくて摩擦に強い材質を運用してすごく精密な全体を作りだしに来て、また音のリードを鏡映面の間のが連結するのとひびが入ることはできなくて、多くの力がしかし同時にまたとても精確な道具がずいぶん強いのが必要です。ただ音のリードがと鏡のこの全体部品の加工を表して3年がやっと研究開発することに成功するのが必要で、一つの技術の壮挙と耐久力の試練です。