バセロン・コンスタンチンの芸術の大家の花の神の殿のエナメルは表します

芸術の大家の花の神の殿のシリーズのレディースの腕時計、一モデルごとに制限して25匹発行します。その中の20匹は明るい式の旋盤工の米のために小屋を表してデザインを象眼するのをあけて、別の5匹は長方形の旋盤工のダイヤ付きの時計のために象眼する専売店を閉じ込めてデザインを専売します。

この腕時計の核心部分は天然自然の物より勝る針金をつけるエナメルの時計の文字盤にあって、花卉の顔立ちの製作の過程が及び複雑で、時間を消費します。まず機械のから彫りの大家を刻んで金の質の胎板の上でDのミリメートルのつりあいがとれていて重複している機械だけあって模様を刻みを刻みだして、それからまたエナメルの大家から金の糸でエナメルの色を埋めるアウトラインの根拠を構築しだします;また回に分けて異なる色のエナメルの釉の色彩を書いて、約800°のを入れてあぶってストーブの中でベーキングになった後に、表面を磨き上げてまた次の加える色を行います。数回この精密な措置を繰り返して、エナメルの色合いの濃度は次第に深まって、最後に一層のガラス化の透明なエナメルを塗りつけて、花柄を保護するのに用います。