多くの項目の独占的な特許技術は世界の極みの流行する専門の潜む水道のメーターを製造します

SEIKOは1965年からすぐ日本国内で生産の潜む水道のメーターを自製して、専門の潜水する実際の情況で製造してしかも実用的な腕時計性能に合って、一連の抜きんでている全世界の独占的な技術を発展しだして、全世界の専門のダイビングの人間できわめて高い信頼を獲得します。1975年にSEIKOは独占で一体の一定の形を備える表す殻と特許L型のワッシャーを発展しだして、有効なのはヘリウムの息を断絶して入って、普通は潜む水道のメーターが自動および、手動でヘリウムに並ぶことができるのを強調する同時に、SEIKOはすでにやり遂げてヘリウムの完璧な性能に並ぶ必要はありませんでした。

今回の出すSEIKO PROSPEX 130周年紀念が「シロナガスクジラ」を表すのはすぐ硬化処理のチタン金属の一体を使って一定の形を備えて殻と独占的な特許L型のワッシャーを表すので、効果的に最高な等級の気密と防水を実現するのと潜む水道のメーターの軽い数量化、防食、長持ちする効能に達します。独占的な蛇の腹式の腕時計のバンド、しかし海の中で圧力が自動的に2センチメートルのズーミングをするのに従って、最大の心地良い感を提供します。そこで名声を得る青い特許は外側のコースにぶつかりを防いで、高の硬度の陶磁器の材質で非凡な流行の感に現れ出るだけではなくて、更に提供して衝撃する高い安全性に耐えます。専門と流行する時計のモデルを結び付けて設計して、SEIKOのこの専門の領域での意図に現れ出ておよび、絶えず革新して、独特な設計は更に独特性を表しを紀念するのを強調して、再度引きつけるのをよく人の眼光に表すと予想します。