Moritz Grossmannは10周年復興します

今年11月、ドイツは単独で表を作成するブランドMoritz Grossmannが10周年復興するのです。この特殊な時間を紀念するため、これは格拉蘇蒂小鎮の上のブランドから来てその第11モデルの特別な版Atum Backpage Platinumを発表して、41ミリメートルの表す殻はプラチナの金から製造します。それはキャンセルして時計の文字盤を落として、かつチップを全くひっくり返して逆さまにして、はっきり機械的な運営を見ることができます。

この腕時計はGrossmannの伝統の表を作成する技術を運用して、たとえば手作業の彫りの添え板、2/3主な添え板、添え板へりは面取り処理を経て、手製で刻んでMoritz Grossmann標識があって、ポインターとねじはすべてブルーイングの技術制を通ってヤグルマギクの色を作成します。

鏡を表してノングレアを採用して膜のサファイアをめっきします。腕時計のバンドの材質はダークブルーのために手製でワニのサメ皮を縫って、プラチナの金によく合ってボタンを表します。

ドイツのブランド、ランゲ、格拉蘇蒂、Nomosを除いてそれがまだいます。