屋根裏部屋の職人のシリーズ(Les Cabinotiers)は卓の複雑な“鳳計がいる”の腕時計

屋根裏部屋の職人のシリーズ(Les Cabinotiers)は卓の複雑な“鳳計がいる”の腕時計を超えます。つやがあり腕時計名を聞くのがとても面白くて、“鳳計がいる”ですか?鳳凰のこのような神の鳥の500年次例会ごとにが一回の生死を経験して巡回すると伝えられて、火炎の中で涅槃は再び生んで、そのため不滅のシンボルになります。殻側の縁を表して浮き彫りを採用して、小屋を表してと底を表してへこんでいるワシを採用して、製造して発行する3D立体の効果の精致な図案があります。1羽の優雅でよく動く鳳凰は翼を広げて、寓意は非常にすばらしいです。

いっそう“不滅だ”の概念に符合するため、腕時計の一筋の命は15項の複雑な機能でサポートして、それによって時間の経過を防ぎ止めます。表裏の2つの盤面が積載して月相、恒星と万年暦、時間の等式、日の出と日が沈む時間、星空の図、季節の指示、星座、月齢がある時と恒星の等級を分ける機能、このようにまだ終わっていないで、3は時間を知らせてと陀はずみ車が更に錦上に花を添えるのを聞いて、最後に更に最も親密に動力を設けて貯蓄して時間を知らせて機能の動力が貯蓄して表示します。