宇宙船は月をさっと過ぎます

もう一つの個が立体の月相を回転して風の生水を遊びを起きる遊ぶのは単独で表を作成するブランドDeBethuneで、その作品の中で様々な立体の月相が現れたことがあって、しかし造型が最も独特なことを議論して、このDreamWatch5腕時計をおします。

第1、あなたはそれが1隻の宇宙船だと感じて、明るい銀色のチタン金属あるいは暗い黒色のジルコニウム金属の製造する表す殻からきれいな流線型の曲線が現れて、光沢加工を通って磨き上げて、優雅なのしかも冷やかな風格を作りだします。錐体形の表す殻設計、幅の49ミリメートル、翼展の39ミリメートル、高い11ミリメートル、互いに関連してチップ必ず超小形化処理をしなければなりません。

宇宙船のちょうど中央で1つの立体の月相で、順次外へ跳ぶな時分と回転台を表示して、最も外縁は冠の飾る1粒の1カラットの突き出ている円形を表してルビーを切断して、更にまるで宇宙船のプロペラのエンジンで、腕時計のために力を追加して思って、1秒に比べるもののない塵を要して行きをおりるようです。

腕時計は搭載して手動で鎖のチップに行って、5日の動力を備えて貯蓄します。おなじでの、この立体の月相、1が要して、112年にやっと1日の誤差が発生します。定価の15万瑞郎(約106万人民元)。