レベルソシリーズも技術的に強いです

Reversoの滑らかで快適な弾く動作を達成するために、Reversoシリーズは伝統的な場合より複雑な構造を持っています。実際、Reversoには2つのケースがあります。1つは下部のベースケース、もう1つは取り付けられたムーブメントのリバーシブルケースです。各Reversoウォッチのケースは50個以上の部品で構成されていますので、防水性を確保する必要があり、ケースを裏返してロックし、ラグを取り付ける必要があります。

ベースシェルの構造は比較的単純で、金属板と一対の突起からなり、突起は金属板に小さなネジで固定されており、金属板はケースを裏返しにしてスライドさせるためのトラックを備えています。リバーシブルケースは、上部ケースと下部ケース、そしてムーブメントを取り付けることができるベースプレートの3つの部分から成ります。スライド用可動部はケースと基板に金属部品で取り付けられており、上ケース中央には正方形の防水ゴムリングがはめ込まれており、ケースの防水寿命を確保しています。

Reversoウォッチ自体のケースは同じサイズのラウンドウォッチのケースよりも小さく、構造ははるかに複雑で部品数が多いため、Reversoウォッチにはケースの製造に対する高い要件があります。精度は従来のラウンドケース部品の5〜10倍です。各ケースは滑らかなロールオーバープロセスを確実にするために非常に高い寸法精度を必要とし、同時にロールオーバーが完了した後、全体の外観はシームレスでシームレスです。