腕時計がスピードを測るのは腕時計

腕時計がスピードを測るのは腕時計の外側のコースが刻んで表す500/400/350などの順次減少する数字の時間単位の計算があるので、これらの代表の物理量はスピードで、部門は1キロメートル/時間で、この時計は閉じ込めて速度計と称します。

使用方法:高速道路の上りの疾駆する車が例のため、高速道路のため上でで普通は立てて模範を指示するまであります;ブレイクアウトを通る時ストップ・ウオッチをスタートさせて、秒の針12時でから時間単位の計算、1キロメートル移動する時、時間単位の計算を停止して、今針の指した数字が前に1キロメートルの平均速度。

たとえば12時に位置に60あって、1分が1キロメートル行ったため、それではスピードは60キロメートル/時間です。

表すのは数字の対応する位置を閉じ込めるどう推測するですか?実はとても簡単です。500のこの数字がその位置で刻むべきなことを知っていますか?そんなに簡単な除法をしなければなりません;つまり500キロメートル/時間のスピード下で1キロメートル走ってどれだけの時間が必要かを演算して、部門は秒です。

1時間=3600秒、そんなに500キロメートルは3600秒に完成するのが必要で、待つによって原則を比べて、1キロメートルの必要な時間は3600/500=7.2秒で、だから5001は必ず時計の文字盤の7.2秒で所を刻むのです。同じ道理、400は3600/400=9秒にの場所を刻むべきで、100は36秒にの場所を刻みます。

その時スピードは60キロメートル/時間時より低くて、速度計は直接使うことはできなくて、低いスピードの目量を増加しない限り。