屋根裏部屋の職人のグレイスケールのエナメルの“タカ”の腕時計

屋根裏部屋の職人のグレイスケールのエナメルの“タカ”の腕時計、“利益摩日白い釉”の大きい見える火のグレイスケールのエナメルを採用して小さくて描いて、白黒の2色の画面、はっきりしていて簡潔な頃の秒針、またこの更に純粋で高級な腕時計の視覚に比べてありません。

タカは“空中の王”です。それは鋭敏で、素早くて、力強くて、全身がぴかぴかしてつるつるな羽、鋭いタカの口、絶えず長い観察の四方の目つきをそろえますと。

実はこれが小さくてタカを描いて王者の息を持参して、全てを明察する目があります。この時計はあのようなとても賢い人に適合します。いつでも機会を待って動いて、すべてのきわめて困難な任務を押さえます。

芸術の魅力は言語で形容しにくいです。特に理解しにくくて、エナメルの芸術の大家はどのように匹それでは簡単な色と1つの輝点を使って、いわゆる“眼の玉を書き入れるペン”、タカの目つきをこのように威厳があってまたよく動かせますか?

私に勇ましい獅子とタカをこれをエナメルを小さくて作品を描きをどなたの大家の手に出る聞く人がいのでことがあります?私は答えることができなくて、ライオンが署名がないため、タカは署名があって、しかし彼が私のAnitaに尋ねるのではありません。バセロン・コンスタンチンのエナメルの仕事部屋からの技師の手。もちろんこれらの技師はすべてエナメルの大家と称する資格があります。