モンブランの1858シリーズの限定版:2019は緑色のを棚卸しします

“手首の間で1時(点)が緑で、生活はまずまずです。”

緑色はいくつかの特殊な意味を持っていて、そのためかえって一般のものとは異なりに見えて、受けて友達の好感を表します。今年モンブランは1858シリーズの出す3全く新しい時計算して、緑色で主な色調として、殻を表してサポートする青銅がもあって、顔値は低くありません。今回の3つの時計のモデル:世界は時、時間単位の計算腕時計は入門するのとモデルを表して、皆1858制限します。

入門して盤面を表してこのシリーズの前のクラシック設計を踏襲して、みんなはすべて見分けることができて、たとえば“景泰藍”の設計する大聖堂式のポインター、レール式の分の目盛りは閉じ込めて、すべて高く備えてシンボル的なのがあります。今年1858係のリストの搭載したのは決して米の華に耐えるチップだではなくて、MB24.15チップです。今この時計はしばらくまだ公の価格が見つかっていないで、公の価格が去年の入門したに比べてモデルを表すのが少し少し高いのを予想します。