アテネの新型Freak NeXt露出

今年SIHHジュネーブは展の上で表して、アテネVVIP室内は表す1つのすごいFreak原型があって、その時高いがのあって秘密にして、少数者だけあって見えます。その前の数日間、アテネは正式にこの名前をFreak NeXtと言う腕時計を露出します。最大の特徴はその空中に垂れる糸が車輪を並べるのにあって、それは私達のよくあったのがなくて“蚊取り線香”の形の巻き付く金属の空中に垂れる糸あるいはケイ素の空中に垂れる糸を呈して、金属の材質の並べる車輪がもありません。取って代わるの“4層”のケイ素が薄片をつくるので、すべての薄片の上は16ミクロンの羽根だけある8つの幅があって、これらの羽根は伝統の空中に垂れる糸に相当します。全部で32の羽根と中間の輪軸はつながって、でも輪軸は上から下まで赤い宝石軸受がなくて、全く32の羽根に頼って空中で浮かぶのです。

このような設計はチップのイベントの周波数の最高な部分を摩擦になくならせて、極めて大きくチップのエネルギーを節約して、同時に32のつりあいがとれている羽根も持ってきて“陀はずみ車”の効果に類似することができて、重力の持ってくる重点の偏りを軽減します。同時に、この腕時計は依然として捕らえてばつを跳躍するのに付いていますが、しかし捕らえてたとえ空中に垂れる糸の振り子の車輪とと同じにつくのでも、空中で浮遊状態で、上から下まで摩擦する実体がありません。

現在のところのこの腕時計はまた(まだ)非売品に属して、売価は知りません。