皇帝の宝石商は誰ですか?

中国の宝石のデザインは、他の国々と同じように深く勉強している人はほとんどいませんが、中国の宝石のデザインスタイルも王室の宝石類のアクセサリーから学ぶべきです。

私は今回はちょっとしたタイトルパーティーだと思います。なぜなら私は本当に初めに中国に留学したいのですが、誰が王室のジュエリーを作るのを手伝っているのでしょうか。私は中国皇帝の本当の宝石商が誰であるか知りたいですか?実際には、答えは意外にも単純で、清王朝には皇帝の宝石商も内務省の事務所でした。清王朝の内務省には大小の部門があり、金翡翠、絵画、刺繍などのさまざまな工芸品を専門としています。しかし、清朝のハーレム後のジュエリーで、単語や金の出現、銀製品、リング、ブレスレット、ヘッドヘアピンなど、「Baohuaフットプリント」「二十から二レベルの宝物」、「Zhichengフットプリント」などがあるでしょうこれらの単語の接頭辞はジュエリーラインの名前です。

清これらの言葉は、宝石や北京廊坊の有名な通りフロントドアから異所工房、主に金の宝石類を持って繁栄ジュエリー貿易の宝石ストリートの乾隆王朝の年に、旧3は、最も有名な宝石でした:Juyuanビル、JuzhenzhaiとDeyuanxing。 Chen Zhongyuan氏の著書「Old Jewelry Store」によると、Juyuan Lou氏と彼の妻は真珠を売買して富を築いていました。そして、このJuyuanフロアは清朝同治年が原因ゴールドジュエリー、ルビー、(カット金)刻まれた金と銀で覆われて生産に、大規模な金のビーズショップへと発展して光緒年間、モザイク、パッケージを行うので、プロセスが開始され、宝石の床開始です有名な北京で有名な宝石店となり、Juyuan Buildingで制作された作品には「Beijing Juyuan Building Foot Red」または「Beijing Juyuan Louスターリングシルバー」という言葉が使われています。嫔妃、嫔妃などは宝石類を注文するために来ます、公式の妻、前津などはまた宝石類を買うためにJuyuan棟に来ます。

内務省主催の宝飾品によってJuyuan BuildingがJinzhudianになったと言われていますが、宮殿が満足できない場合は、Juuuan Buildingを見つけるために宮殿の外にun官を連れて行きます。そのような関係の下で、Juyuan Buildingの手に渡る宝石や真珠の不足はなく、宮殿の宝石類は人々に売られ、値段が非常に高いので金持ちになります。後にJuyuan Buildingの職人技が失敗した場合、金と真珠を識別することができることによって金と真珠の売買が行われ、1930年にJuyuan Buildingの会計は姓と名字の妻となりました。

Juyuanの建物、いくつかのケースは、真珠のガウン西太后の売却にリンクされている最も伝説的な話、義和団の乱の混乱を利用する宦官、Chenxi真珠のガウン盗むハングは、Juyuanの建物は売却してもらいますそうです。 Juyuan階の会計の会計と彼の妻は密かにカウントし、宦官取引真珠、ガウン、真珠、ガウンと静かに解体、ジュエリーのインレイシステムの異なるポイントして、販売し、私たちは、名声と富への真珠の宝石類と取引する前に。

「東真珠」として知られており、真珠の一つに黒龍江、ウスリー川と鴨緑江で生産された中国の王室のジュエリーデザインは、真珠象嵌さである、真珠といえば非常に重要な宝石です、クラウンで清王朝の皇帝「東の真珠」として知られ、清朝王室の宝石の真珠のグレードの中で最も高貴で、クラウンで清の皇帝から東の真珠の理由を使用すると言われている:昇る太陽を、祖国の意味だけでなく、清朝東ビーズの王室を欠場収穫と清朝における独占ルート、非市民鉱業、密輸、SO-東の使用は、市場で流通ではなく、民間の好みに対して、その他の海の真珠や淡水のフィールドの生産のために提唱されていません。特に、自然な真珠の価格は、「古代中国の質屋質屋識別攻略‧セット」(清朝乾隆帝の転写産物の二十から四年)によると、フィジーではないのは、読み取ります。「白いカード、その価格の数すべての単一の第三級の広州 – 珠海タイト円を……銀の1点と9 2 …ペンダントのペアに、1つの重量の点、銀の価格122と22 …〞

パールは、それが長い間、ビザンチン帝国の前に真珠の装飾を使用して歴史を開始しているものの、ほぼすべてが古代東と西に真珠の奇妙な性質を発見し始めているが、西は言った、最もボーダレス宝石を使用して東西ジュエリーデザインで、ルネッサンス時代には真珠で飾られた宝石もたくさんありましたが、日本のミキモトコキチが真珠を巧みに栽培し商品化したのは1890年頃で、ヨーロッパはこの時期と極東でした。文化交流は密接であり、真珠は西部のファッショントレンドにおいて重要な装飾的要素を形成し始めています。

宋王朝時代の早い時期に、中国は真珠の文化を文書化した「文昌雑」という文書を持っていたと言われています。Jingwenという人物が人工的に養殖された真珠を開拓しました。しかし、Jingwenで真珠を育てる方法は、偽のビーズをきれいな水に入れて一緒に育てることです。貝殻を開けるとすぐにビーズが配置され、水は頻繁に交換され、2年後に栽培することができます。真珠を育てる技術により、元王朝時代に積極的に貝殻を開ける方法が開発され、真珠の形成を待つことになったこの新しい研究開発方法は、後に日本で使用される人工養殖真珠の技術的基盤となります。

また清朝共通の設計、形状や美しい天然真珠のフルとして天皇と皇后の王冠の真珠の重要な装飾が西に、ヘッドのクラウンとして真珠貴重です、1920年と1930年にパリショーメショーメがあり、生産バロックパールダイヤモンドクラウン:様々なサイズの26滴の真珠がはめ込まれたダイヤモンドがはめ込まれたクラウンの上部には、形状が完璧ではないため天然の真珠には「バロック」が冠されています。中心部で最大の真珠は75粒(1粒は約53ミリグラム)の重さがあり、王冠は豪華でエレガントです。

19世紀初頭に作られた2列真珠のネックレスと7つの取り外し可能なダイヤモンド形の真珠の形をした真珠のネックレスを含む、パリの作品には真珠のアンティーク作品がたくさんあります。ジョセフィン女王の元夫の息子、オイゲン。デ。プリンスボレーヌオーギュストアメリの妻。デ。バイエルン両者の密接な関係と、真珠のためのジョセフィン女王の好みのために、それはこのネックレスが女王自身によって所有されてそれから義理の娘に提示されるかもしれないと推測されます。

愛するロイヤルティ女王の宝石のコンセプトから東西常に自然な真珠は完璧繊度がに、さらに多くの貴重な1800年代後半と価格である養殖真珠と天然真珠の、普遍コンパクトでフルボリュームとして、働くことができます完全で大型の天然真珠によって作られた宝石は天然に稀であり、それらのほとんどは他の宝石用原石のモザイクと組み合わされています。

19世紀は西洋ジュエリーのデザインを極東に導入するための重要な鍵であり、中東、インド、エジプトなどの生き残っている王室や高級社会など、極東諸国の多くは西洋ジュエリーの導入を切望していました。デザインはまた、地元の装飾的な機能によって影響を受けますが、揺れることなく遠くの山々のように、唯一の中国の王室のジュエリーデザイン、ユニークなショーは文化の最も特別な種類になります。

考古学の研究によると、真珠の数だけでなく、中に西太后の霊廟は、ゴールドパールのインレイ12604でトリミングサイズが大きいと素敵な色、パールビーズ、ビーズ、ビーズなどという柔らかいブレスレット、正の有力ソフトビーズブレスレットで金を、発見されます宝石の鯉だけでなく、ドレスの真珠ビーズの様々な錆び、ビーズがぶら下がるなど、鶏卵と同じくらいの大きさの大きな王冠真珠があると言われており、皇后両陛下の愛西真珠の範囲を見ることができます。

ウエスタンロイヤルジュエリーは、中国の清朝皇室によって主に芸術品や工芸品のワークショップや大手ジュエリーブランド構築、及びこのワークショップであるかのブランドの古典となり、再設計され、私たちは今、トップのジュエリー作品の知っていることとなり、王室このオフィスで作られた様々な装身具は、皇帝、皇后両陛下や日々の公式の場の作品に提供されていましたが、現在は美術館のコレクションとなっています。それは残念です。

欧米のジュエリーブランドのようなフォークジュエリーのワークショップがあるかどうかを検討したいのですが、そうした興味深いジュエリーデザインの小さな話を見つけることは期待できませんでした。古い宮殿の戦いのドラマの妻を望んでいた家庭オフィス、中国の皇帝「宝石商」(厳密に言えば、ここでは使用すべきではない、「ビジネス」の単語)、オリジナルと私たちは同じだと思いますが、内務省をハングアップすることも合理的です。