入門級バセロン・コンスタンチンの腕時計はたぶんいくらですか?

バセロン・コンスタンチンは1つのすばらしいトップクラスの派手なブランドとして、ずっとたくさん表して友達の支持する目標に迷うで、さすがにその腕時計の制作技術も業界で指折り数えるほどわずかであるで、しかし一部の人もあって特に比較的入門する級のバセロン・コンスタンチンがモデルを表しに関心を持って、さすがにややもすれば数十万、百万のあれらは上いわゆる“法外な値段”のtの腕時計はたくさん人にとってすべて“遠く及ばないので、力量不足を嘆いて”、だから私達は今日この機会を利用していっしょに入門する級のバセロン・コンスタンチンにいくつかが比較的モデルを表すように理解しに来ます。

まず、私達はいっしょにこの枚バセロン・コンスタンチンを見てみて全国各地のシリーズの25250/D01A―9123腕時計に縦横に走りに来て、いくつかは友達に迷って理解するべきなことを表して、全国各地に縦横に走るのはバセロン・コンスタンチンの比較的レジャーな風格の時計のモデルで、同時にこれそれとも1枚のレディースの腕時計、この腕時計は石英のチップを搭載して、殻と時計の鎖を表すのは待つ皆ステンレス製で、期日の表示機能があって、小道の34ミリメートルを表して、50メートル水を防いで、価格の88000元の(実際の価格を正確だにする)を参考にします。

それから、私達はまたいっしょにこの枚バセロン・コンスタンチンを見てみて全国各地のシリーズP47040/000A―9008腕時計に縦横に走りに来て、これも同様に1枚が全国各地に縦横に走るで、でもすでに1モデルの男性が表すので、この腕時計は自動機械的なチップCal.を搭載します1226,動力備蓄物40時間、殻を表すのはステンレス製で、手工縫制青いミシシッピワニの皮バンド、期日の表示機能があって、小道の42ミリメートルを表して、150メートル水を防いで、価格の92000元の(実際の価格を正確だにする)を参考にします。

総評:私達は発見することができて、比較的比較的入門する級、或いは価格が比較的少しわりに低いバセロン・コンスタンチンに比べてモデルを表してもすべていくつかの共通の特徴があって、たとえば石英のチップを搭載して、ステンレス製、或いはその他の複雑な機能がありません。しかし、同じくこのようなため、やっとたくさん人からするとをほとんどいわゆる“法外な値段”の市況がいくつか下がって来るのであることができるです。当然で、いくつかは友達に迷ってそしてもしかするとこのような組み合わせをあまり好きでないをの表して、これも理解。