芸術のストーリジャガー・ルクルトの“The Birth of Venus”

ジャガー・ルクルトは高く低く流れる時間を知らせる音で“ビーナスの誕生”に引き立ちます:芸術の大家達は4枚のすばらしい画の中の一つを行う愛の神のビーナスを選んで肖像画を描いてテーマになって、ボッティチェリの“ビーナスの誕生”を含む、よい匂いがする“黒いなんじが承諾するビーナスに比べて”を持つ、韋拉斯克斯の“鏡の前のビーナス”とアングルの“海の中で昇るビーナス。この“The Birth of Venus”(ビーナスの誕生)は15世紀末のフィレンツェの有名な画家Sandro Botticelliから創作してなって、今ジャガー・ルクルトのからそれが時計の文字盤に運んだ上にをエナメルの技術を運用します。

今回の創作のインスピレーションの多数に源を発する方面、イタリアのルネッサンス、スペインのキャンパスとフランスの古典主義をめぐるのは核心で、エナメルが小さくて腕時計の水晶の類の軽快で耳に心地良いベルの音を描いて巧みに結び付け始めて、豊富で清浄な時間を知らせるベルの音はこの領域の最も先進的な突破です。