ブレゲCLASSIQUEクラシックのシリーズの5395超薄陀はずみ車のサイドオープンの腕時計

なぜこれを選ぶのか、まだそれがとても立派なためではなくて、表す友達もこのような“毒物”がたとえ決して普通でないと感じるのを知らないのですとしても。

全新ブレゲClassiqueクラシックのシリーズの5395超薄陀はずみ車の透かし彫りの腕時計は陀はずみ車のチップをはっきりと示すため、特別な臻は3ミリメートルの超薄のサイドオープン式の設計のためただ厚さだけを選びます。この腕時計の作品は表を作成する技術の方面がやはり(それとも)芸術の技巧で方面で、全て立って時代の先端の大家の行いを称することができることができるのにも関わらず。

この腕時計の搭載する18K金の質の581チップの厚さはただ3ミリメートルのためだけ、ブレゲまた(まだ)この毫厘の上で透かし彫りの設計、さらに加えて全体の腕時計に対して行って手製で彫り刻む、丸くない真珠が彫刻して模様を刻む、面取りの修飾の技術の運用、この腕時計をもっと抜群に優れていさせます。

チップの添え板の表面の透かし彫りでない一部の装飾は手製で彫り刻む丸くない真珠で模様を刻む図案を彫刻します――パリは紋様(Clous de Paris)の図案を打って、これは先端だを通じて(通って)埋め込みして花彫を彫刻して道具を刻んで制定してなるダイヤモンドの丸くない真珠があるので、許さないでいかなる傷があって、これらの複雑な技巧を合わせて運用するのがチップでブレゲの初めての初めての試みです。