ジャガー・ルクルトはゴッホ《自画像》のエナメルの彩色上絵に腕時計をひっくり返すように出します

スイスの高級の表を作成するブランドJaeger-LeCoultreジャガー・ルクルト再度手を携えるゴッホ博物館、感情を傾けて1モデルの全く新しい《自画像》のReverso à éclipsesが現れて式のエナメルの彩色上絵に隠れて腕時計をひっくり返して、すばらしいのがひっくり返すで殻とゴッホの自画像を表して、再度もう一つの絶妙な楽章を曲をつけだします。

2015年を継いで偉大な印象派の画家のヴィンセント・ウィリアム・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)の没後125周年のために1モデルの《ヒマワリ》が式のエナメルの彩色上絵に隠れて腕時計をひっくり返したのを発行した後に、スイスの高級の表を作成するブランドJaeger―LeCoultreジャガー・ルクルトは再度いっしょにオランダアムステルダムのゴッホ博物館に位置して、2016年に7月に感情を傾けて1モデルの全く新しい《自画像》のReverso à éclipsesが現れて式のエナメルの彩色上絵に隠れて腕時計をひっくり返して、すばらしいのがひっくり返すで殻とゴッホの自画像を表して、再度もう一つの絶妙な楽章を曲をつけだします。

180数年来、ジャガー・ルクルトのなんじの谷間の大きい労働者の坊はずっと育成して卓の技術を超えて、誠心誠意稀少な腕前あるいはで技法を革新して、の更新を発展します。 昔現在と互いに照り映えて、影と形のようにいつも離れないで、美学と技術の尽きることがない顔を構成します。 ジャガー・ルクルトの時計工場が所属の多種の技術を招聘する中で、エナメルの彩色上絵の技術はまるで突然ブランドを現して卓の才気を超えることができます。 17世紀来、めったにない技術は互いに表裏だ腕時計で領域を飾って文才に優れます。 今のところ、ジャガー・ルクルトのエナメルの彩色上絵の技術の既存の最高の水準の境;その外、それは更にこの素質を運用して各界の芸術に向って敬意を表します。 およそ克林姆(Gustav Klimt)、維梅爾(Jan Vermeer)、夏(Alfons Maria Mucha)などを慕う大家のすばらしい画は行って、ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)《ヒマワリ》、《星空》などに着いて、すべてジャガー・ルクルトの時計の文字盤の上で大いに異彩を放って、芸術の姿を通してスイスの伝統の表を作成する技術の精髄を順次伝えます。