高貴で優雅な女性の手首の間の貴重な宝物の上物

時計のメーカー達はいつも真珠や宝石などの貴重な材質と腕時計を互いに結合することが好きで、一モデル一モデルの専属の女性の真珠や宝石の腕時計を製造しだして、カルティエ(CARTIER)も少しも例外にしありません。今年のジュネーブで展覧期間間を表して、カルティエは全く新しいBAIGNOIRE ALLONGÉE GÉLADON腕時計を出して、きらめいて明るいダイヤモンドがエメラルドグリーン、pa拉依巴の青玉の御璽、黒色のスピネル、黄色のサファイアなどの貴重な宝石を結び付けて腕時計の中で象眼して、極致が派手です。次に、私達に共にその中の1モデルのカルティエBAIGNOIRE ALLONGÉE GÉLADON腕時計を鑑賞させましょう。

今回のカルティエは共に2モデルのBAIGNOIRE ALLONGÉE GÉLADON腕時計が現れて、その中の1モデルの腕時計は18K黄金を採用して製造して、時計の中に装飾は円形のダイヤモンドを切断するのがあって、黒色のスピネルと黄色のサファイアなど、おっとりして美しい雰囲気を現します。

上述図の中でこの腕時計は18Kプラチナを採用して製造してなって、殻所を表して明るい式を象眼して円を切断してあけて、明るく明滅して、まばゆい光芒が現れました。

その外、殻の上を表してまた(まだ)はめ込むエメラルドグリーンとpa拉伊巴の青玉の御璽があって、大胆な最新流行のが色を合わせるで現代の女性を引きつけます。

ルイ・カルティエ(LouisCartier)は1912年に設計した楕円形が殻を表して度を知っているのがきわめて高いをの弁別して、完全で、旺盛なののが現れるのは視覚の魅力です。普通な円形に比較して殻を表して言って、BAIGNOIREシリーズの腕時計のかすかに外面へ拡張する曲線のアウトラインは動感を高く備えて、女性の優雅な表情と態度を象徴して、全体の線はやさしくてなめらかで、同じく1件のアクセサリとして手首間でつけることができます。

楕円形の盤面の上で573粒の明るい式を象眼して円を切断してあけて、再び約2.57カラット、ダイヤモンドごとに皆光芒に集まって、視線の焦点になって、しっかり象眼しているダイヤモンドが空いっぱいの無数の星に似通うのが普通で、まばゆくてまばゆいです。

腕時計は1条の緑色ワニの皮バンドによく合って、殻の上のエメラルドグリーン、pa拉伊巴の青玉の御璽の宝石を表しと色を合わせていて互いに照らして、全体は優雅で、ロマンチックな特質を明らかに示します。

ボタンを表して同様に18Kプラチナを採用して製造してなって、そして円形を象眼してダイヤモンドを切断して、細部の場所から腕時計の極致が華美なことを明らかに示します。ブライトリングコピー腕時計の内部はカルティエの1917MC労働者の仕事場を搭載して精製して手動で鎖の機械のチップに行って、しきりに21600vphを並べて、弦を十分補充した後に約38時間の動力を提供して保存することができて、女性に日常でつけるように適合します。

全く新しいBAIGNOIRE ALLONGÉE GÉLADON腕時計が大胆で独特なのが色を合わせるで設計して、明るい明滅する宝石の光芒は伝統の女性の腕時計のリズムを打ち破って、同時にシンボル的な優雅な趣を放ちます。新型の腕時計は制限して通し番号そして50発売して、18kプラチナ、18K黄金のモデルは皆1枚の高貴で優雅な専属の腕時計、ここからを選んで、選びてよいです。