“爪を頼む”、星座の全く新しい生命で作ります

星座のシリーズの次の変遷は1982年で発生して、これは多分最も重要な一回の変化でした。この年、オメガは星座の“マンハッタン”の腕時計を発表して、初めてすでに世間の人の熟知した4つの“爪を頼む”の設計に今のところを取り入れました。爪の1番早い目的を頼むのは固定的なサファイアが鏡を表すので、そして腕時計の防水性能を確保します。

少し考えてもみなさい、もしも時計の文字盤の上にいかなる腕時計のブランドの名称あるいは標識がなくて、一般的に言えば、時計の文字盤の様子の容貌のよく知らなくなったのが状況で自分の最も特に可愛がった時計のモデルを見分けるにようやくあれらのアイアンのファンしかないことができます。しかし、このような情況は決して1982年の発表する星座の腕時計に適用しありません:時計の文字盤の上の4つの“爪を頼む”は腕時計にたとえとても遠い距離をあけていても即刻見分けることができるとしても、その上その他の腕時計と混淆することはでき(ありえ)ないです。この設計は直ちに大いに得ることに成功して、ここから1982の出す星座の“マンハッタン”の腕時計も星座のシリーズの設計基準になります。

この時期に星座の腕時計のたくさんの特徴は今日の星座の時計のモデルの上ですべて依然として見ることができて、耳の位置の半月形の切断面を表しを含んで、一体はチェーンの時計の鎖を削ってと閉じ込めるローマ数字の時間の目盛りを表します。

数年来、オメガの星座の腕時計は全世界の政界の指導者とスターの名高い人たちの愛顧を深く受けられて、その中の最も有名な大概は旧ソ連の指導者のゴルバチョフ(MikhailGorbachev)でした。ゴルバチョフはオメガの星座の腕時計のファンのこの事実が1996年の《大統領が難しいがのある》(MyFellowAmericans)を通じて(通って)1面大きいスクリーンに運ぶのです。映画の中で、ジャック・レモン(JackLemmon)の扮したアメリカ大統領のラッセル・P・クレイは(RussellPに黙ります. Kramer)彼のは間金の星座の腕時計が交通費を掛けるのにして1人のトラックの運転手にあげる時を叫びます:“これは1枚の星座の腕時計です。それはしかしゴルバチョフは私のにあげます!”

1995年、オメガは全体の星座のシリーズに対して行って全面的に再生をアップグレードするのスーパーコピー時計を決定して、そしていっしょにオメガの首位の有名人の大使、スーパーモデルのシンディ・クロフォードは全く新しい星座のシリーズを発表しました。シンディ・クロフォードは星座の腕時計の設計のために彼女の個人の霊感を持ってきて、オメガは更に“シンディの選択”(Cindy’sChoice)のテーマの広告に協力する星座の95腕時計のが発表するように出します。このテーマの広告はそれから“私の選択”(MyChoice)のシリーズの広告に発展してオメガになります。シンディ・クロフォードは積極的に星座のシリーズの普及のイベントの中で参与して、オメガのブランドイメージの更に富む流行の内包をさせます。星座のシリーズもオメガの最も人気な腕時計のシリーズになりました。