ブライトリングの機械的な時間単位の計算Airborne腕時計

ブランドの中の旗艦の製品を祝うため――機械の時間単位の計算のシリーズの世間に現れる30周年、ブランドは特殊な型の腕時計を出すでしょうを宣言して、更に独特な技術と専門のデザインで現れます。

1980年代より早くて、ちょうどウィリー・ブライトリングはその会社をErnest Schneider時に売って、ブランドはイタリアの空軍飛行妙技の実演チーム(Frecce Tricolori)の注文書を受け取って、ブライトリングをそれらの初政府の時に計算する供給商になりたいです。そのためブランドは絶対に専門を開発するのをパイロットの製品にサービスして、そしてと飛行チームは協力でしっかり協力で開発して、すべての細部が殻のアウトラインを表しを含む、耳を表す、冠などを表すは皆専門の航空の人の使う要求を満足させて、そして1983年に、この製品はFrecce Tricolori認可を得て、そして正式にその政府のメータの供給商になります。

1984年、ちょうどブランドの創立100周年、Ernest Schneiderはこの時計算する設計の理念が吹聴してブライトリングの表を作成する精髄になりを決定するのを、そしてその旗艦の製品を出しを宣言します――機械の時間単位の計算のシリーズ。向こうへ行く30年中で、ブランドの絶えず整っているこのシリーズの堅固さ性、機能性と信頼度、2009年まで着いて、ブランドとこのシリーズの中で初の自分で作るチップを増加します。

今年シリーズの世間に現れる30周年に当たっていて、ブランドは最初をFrecce Tricoloriの作る腕時計にするのが設計の基礎なるを決定して、その中の設計の精髄に続いて、全く新しい機械の時間単位の計算Airborne腕時計を出します。表して閉じ込めて精密な鋼の材質の艶消しの表面になって、4つ添えて盛り上がる時表示します。精密な鋼は殻の表面を表して光沢加工処理を経て、そして41ミリメートルと44ミリメートルの2種類のサイズの殻型を持って、時計の文字盤は黒色と銀色の2種類の選択を持って、時標識とポインターは復古のベージュの夜光の上塗りを覆います。

底を表してねじ込み式設計をかぶせて密な底になって、表面の標示は“Edition Spéciale 30e Anniversaire”があって、伊はそれが30周年紀念版なるを指します。そして浮き彫りの形式で刻んで大利飛行中隊の10機の飛行機の中の1台のアウトラインにその気(意図)があります。腕時計のバンドは軍用の生地を使って、そして搭載してボタンを折り畳みます。腕時計はブランドを搭載してB01を自製して自動的に鎖のスーパーコピー時計おすすめチップに行って、同様に天文台の認証を経ます。