フランス帝国の皇后のジョセフィーヌとNo.611

1800年、フランス帝国の皇后のジョセフィーヌはブレゲの大家に1枚のブレゲを予約購入して時計、No.に触れます 611,これは大革命の後でフランス皇室とブレゲのとけない縁を開きました。波拿巴一族の買うブレゲの時に計算して19に達して、買う者と年代それぞれなります:ジョセフィーヌ皇后、1798年と1800年;ナポレオン本人、1798年;ルイ・波拿巴と呂の西安・波拿巴、1800年と1801年;ジョゼフ・波拿巴、1800年;琳・波拿巴の夫のチャールズ・にClaire、1798年と1801年を彫るように守ります。かぐによると、貴族は宴会に出席して身につけて懐中時計を携帯することはできなくて、盛大で厳かな宴会で時間に気に入るのは主人のが尊敬されないのに対して、こんなに繁縟な礼儀作法は明らかに不便です。

しかしこれが少しもその時に困れないのがすでに時計の大家のブレゲ先生で、そこでこちらの時計が天才的でタッチを発明して表して、その外形は1件の真珠や宝石のガガミラノコピーアクセサリーに似ていて、優雅で美しく実用性を高く備えて、軽く矢型のポインター、すぐ楽なことができる命令取出し時間に触れます。、はそれからジョセフィーヌ皇后はNo.を 611は彼女の娘を贈りました――オランダの王妃のオーストリアの平坦な糸・ドイツ・多いアルルの内。ジョセフィーヌ皇后はもっと大きいダイヤモンドでもとに交替してダイヤモンドを飾って、かつ時計の殻の上で象眼して王冠の字母の“H”を持っていて、つまり奥坦絲王妃の名前の第一字母、同時に王冠のの“H”をつけているのもオランダの王妃の地位を象徴しました。