陀はずみ車はとラッセルの違いを押さえます

この両者の違いに話が及んで、まず構造の上の違いは先にはっきりさせなければならなくて、構造の根本が不一致それから両者の異なる運命を招いたためです。構造の上から見て、陀はずみ車はきっと簡単でたくさんで、エネルギー移動図の上から見つけることができました。

陀はずみ車:3ラウンドは骨組みの軸心の車輪まで(に)伝送して、骨組みを動かして回して、1歩進んで4ラウンド動かして、4ラウンドは雁木車を動かして、雁木車はを捕らえるを通じて(通って)並べるに空中に垂れる糸に順番に当たってエネルギーを送り込みをつきます。周波数は方向を出力してちょうど逆にします。

ラッセルを押さえます:3ラウンドは4ラウンドに伝送して、4ラウンドの伝送は雁木車に、雁木車はまた伝送して並べるに空中に垂れる糸に順番に当たります。同時に3ラウンドの軸心は骨組みを動かして回転に順番に当たります。

構造の上から、以上の路線図によって、みんなはとても両者の原理の違いをよく知っていたはずです。

そのように延びてくるの:陀はずみ車の並べるのは順番に当たって空中に垂れる糸システムが中に置いて、骨組みとと1つの軸心につきあって、ラッセルを押さえるのは並べて空中に垂れる糸に順番に当たる中心からそれたのです;普通は、えこひいきする構造ためラッセルを押さえて、そこでしたのが更に薄いことができて、同じく更に美しくて神秘的です;陀はずみ車の構造が要するのは少し簡単で、比較的生産しやすくて、だから最初にラッセルを押さえて過程での対抗のにいてと、市場を勝ち取りません;陀はずみ車の普通は1分のために一サークルを回転して、ラッセルを押さえて多く34―52.5分のために一サークルを回転します;ラッセルの構造を押さえるのが大きくて、空間は足りて、だから比較的やり遂げやすいのが安定的で、しかし車輪を並べるのが大きくすることができないをの運命付けて、それでは、その精度は陀はずみ車より低いです;2種類の構造の骨組みの回転数が異なるため、と理論の上で言います、ラッセルの超低い回転数、電位差の効果を相殺するのを実現することができなくて、だからそれの最終も歴史の舞台から退出するのを運命付けました。