どうして必ず独係の時計を買わなければなりません

近年の時計の制造業の発展に従って、および人々の腕時計に対する需要、今の腕時計の市場も情勢が1面良いと言うことができます。みんなは腕時計のが熱中するのに対しても日に日に真っ盛りだと言うことができます。成功する人はトップクラスのスイスを選んで表して、若い人は親民の日系の腕時計を選びます。このような情勢の下にあって、独係の腕時計はだんだんみんなの関心を受けます。私達は思わず聞いて、私達はどうして必ず独係の腕時計を買わなければなりませんか?独係の腕時計の魅力は一体何ですか?これは私達のずっと考えていた問題で、私達が探求する本質に行くであるべきで、しばらく1広告の語を模倣します:ドイツの品質、かたいもし大きな石。

実はとても早いから、ドイツのブライトリングコピー時計の制造業はすでに発展したのを始めました。15世紀にドイツニュルンベルクにあって、世界の第1台のポータブルのサイクルコンピュータを製造して、これは今言った“懐中時計”で、そのため同時に時計のぜんまいを発明しました。16世紀末葉まで着いて、ドイツアウクスブルクは次第に黄銅の油田鋼管の目新しい時計の精密製造センターになります。

1730年まで着いて、その中の1つの制表センターにあります――ドイツの黒森林地区、世界の第1台のカッコウの時計を造り出して、この発明、たくさんを奮い立たせて時計の大家の霊感をつくって、たくさんのカッコウの時計が発生して大家を作ります。ドイツ東部の薩克森州の内で、16で、7世紀に置き時計を生産しました。置き時計のが繁雑で豪華ですべてびっくりさせて、その上ここの便はドイツの精密な表を作成する要衝です――格拉蘇蒂の所在地。

ドイツは1つのヨーロッパ大陸センターの国家として、北側は北海とバルト海で、その他の国土とたくさんの国家は隣で、例えばフランス、スイスとオーストリア、優越している地上位置のすぐ決定するドイツは交通と外部と交流する有利な優位にあります。同時に、ドイツも1つの資源の比較的豊富な国家で、石炭はこれはすぐドイツの発展1つの前提条件があって、後の2度の産業革命ために基礎をも打ち立てて、ドイツの時計の制造業のために絶対的で有利な物質の条件の基礎をも提供して、優越している地上位置もドイツの時計のために製造してもっと多い入力と出力の機会を提供しました。

ドイツ人は日の耳のしなやかな人の後代(これもヒトラーはばかりなく広く宣伝する“気高い日の耳のしなやかな人”のひとつのだ)を言うことができて、ドイツは長期にわたり分裂があって、その中の比較的強大な普魯士は18世紀初めにそびえ立ちます。1862年、“鉄血の宰相”のビスマルクから普魯士首相兼外交大臣を担当して、極力”鉄血の政策”を推進して、戦争を通して、普魯士からドイツを統一します。彼は次々とデンマーク、オーストリアとフランスに対する戦争を始めて、だんだんドイツを実現して統一します。

その後の第2度の産業革命の中で、ドイツの経済も著しい発展を得るでした。1871年の後に、ドイツの工業は巨人の類の足並みで前進して、ドイツ帝国のは創立して、この驚異的な進歩に助力しました。戦争と拡張、法律普及の戦争の中でようだフランスアルザス―ラフリン地区(フランスの石炭の鉄の資源が豊富な地区)を併呑して、ドイツの豊富な自然資源また貴重な鉄を増加して物を備蓄します。1914年の時に、ドイツは鋼鉄、化学と電力工業の方面でもうヨーロッパのその他のすべての国家を上回ることができるようになって、労働者の技能は仕事の能率と著しく高まります。このような優位、ドイツの時計業の発展に強大な経済の後ろ盾があらせました。