HARRY WIN-PremierシリーズPrecious Weaving腕時計

このHARRY WIN-PremierシリーズPrecious Weaving腕時計、盤面は運用して本来は我が国で1つの面積の大きくない国家の一層光彩を放つ古い“螺鈿の技巧”(家具あるいは漆器の上で象眼して売り払う)に創造します。このウブロコピー基礎の上で金糸でめぐって天然真珠の雌の貝の薄片を売り払って、しっかり時計の文字盤の上で象眼して、水面のまだらになっている光覚を作りだして、また米に飾りを添えてあけて、まばゆいほどに美しいです。結果の盤面のトップの手作業がきめ細かくて全体の光覚を拘禁したのを編んで、許可するのは含蓄がある米を作りだしたいので、しかしはなやかな盛んな刺し縫いする海のサイドオープンの来たのがないと感じます。