一目で分かることができるのNomos

腕時計のブランドを言い出して、人々の熟知したのただロレックス、ジャガー・ルクルト、万国のこのようなスイスのメーカーだけ、実は隣近所(の人)の“ドイツ”としてもたくさんの“残忍な役”を持っていて、大きい旗のランゲを担ぐ以外、Nomosはドイツの国宝級のブランドだと言えます。Nomosを言い出しますと、人々の第1印象は“一目で明らかなことを見る”で、その工場は位置で持つのが百年腕時計が歴史のSaxonyGlashutte(を製造する絶対に正に風水の肥沃な土地であるで、ランゲ、格拉蘇蒂がオリジナルで、Nomos三大メーカーは道をあけて互いに)を眺めて、Glashutteの時計の職人達の天然自然の物より勝る腕前が品質を造り出してきんでていて、設計の独特な手作業は機械が表して、Nomosの一目で分かる設計の意識はすぐ1本の腕時計の性能と可読性だと上で“時計”は現して余すところありません。

Nomos工場は場所Glashutteで1か所が百年の歴史の時計製作小鎮を持つので、その伝奇的にSaxony時計の制造業の創始者FerdinandAdolphLange(1815―1875)と彼の息子にさかのぼることができます。1845年にLangeはGlashutteで1基の製造の腕時計の工場を創立して、彼は自己によって品質の独特な考えに対して自ら従業員を教えて、また多くの人に自分に属する仕事部屋を創立するように助けます。ごく短い数年間、Langeの製造したメカニズムと精密なサイクルコンピュータは”高くて正確な”の同意の語になって、甚だしきに至ってはスイスの腕時計の企業家のおほめを獲得します。

19世紀にGlashutteは最高な品質の華麗な腕時計を製造する名声を聞いて、その時人々は言いました:“GlashutteのLange腕時計は大量に生産するために製造したのではありません。”事実上Langeの懐中時計は確かに非常に派手で、1匹の入り混じり集まって複雑な精致な芸術品に似ていて、起きる富豪のやっと買ったのがしかありません。

ドイツの統一に従って、伝統の表を作成する業は再度再び生んで、Glashutteは1つの卓越制表業センターの独特な風格と影響力も改めて蘇るのとします。新興の腕時計の制造業の第1人者―NomosがすぐGlashutte百年以来の時計を伝承して歴史を製造するのとして、きわめて優良品質の機械的な時計を造り出して、Glashutte発祥地の高い名声に続いて、このようにのため、Nomosはのなる国宝の腕時計ようやくドイツ人になることができます。

Nomos総裁RolandSchwertnerは“設計するのが製品のうわべで決して停止しないと思って、持続的に私達とでNomos腕時計の人々の間の設計関係をつけるのです。”そのためSchwertnerは一人一人のNomos腕時計の持つ者がでも1枚の所有権を得て(それが買って順番の時計に付いているのに従う)を証明するのを堅持して、このウブロコピーように最も親密な設計の目的はこの腕時計がメンテナンスが必要な時最も速く最も整っている処理を得ることができるのを確保するのにあります。SchwertnerはこのようなサービスがNomos腕時計の設計の概念の中でので統合するのだと思って、Schwertnerのが堅持するため、今日Nomosが制の腕時計臻Nomosを産してすでに完璧な境界、たとえとしても最も困難で苦しい環境中、依然としてようやくその志を改めないで、人に賛嘆させる腕時計を造り出すことができました。