ジャークの独ルーマニアの人を魅惑する時間の鳥

ポインターの回転は小鳥の浅いのを伴っていて低いをの吟じて歌って、まろやかで潤いがある時計の文字盤の上でスズメの鳥が残したいと思って飛ぶようで、これはもしかすると時計の芸術所が私達の極致にあげて享受することができるのです。ジャークの独ルーマニアは人を魅惑する時間の鳥の腕時計正にこのブランドコピー時計ようで人を魅惑する色を載せているで、時計展の上で2016年のバーゼル国際はなやかな見得を継いだ後に、中国国内での第1回は正式に展示します。

斬新な“人を魅惑する時間の鳥”、時計の文字盤は精致な真珠の雌の貝で扮して、ジャークの独ルーマニアの伝統のスイス田園の景色の図案の手作業が現れてとの上で色彩の真珠の雌の貝の時計の文字盤の底面すべての手製で飾るチップを彫刻しておよび、全部きんでている技術の精密なワシから細いはのの磨いてなります。表面は飾って伝統の切り紙細工技術から霊感をくみ取って、そして巧みで完璧な彫刻工芸を結び付けてと小さく技術を描いて、この芸術の傑作のために感心する豊富な細部を彫り刻みだします。最後、腕時計は47ミリメートルの直径の赤い金あるいはプラチナを搭載して殻を表して、一モデルごとに制限して8つ優雅で感動させる立体の造型の金属光沢での引き立てのもとで、更に美感を発行します。この腕時計はきっとジャークの独ルーマニアのきんでている表を作成する技術の手本で、あなたに心を静めてひっそりと演奏する時間の歌に耳を傾けさせます。