故宮博物館はなんとグロックの現代の腕時計を収集しましたか?

言ってみればこのブロックリストと乾隆はまた(まだ)少し小さく連絡して、このスイスの表を作成するブランドが誕生するのは時間がちょうど乾隆と即位する同一の年(1735年)で、この輝かしい時間を紀念するため、ブランパンはそれの目の中中華、故宮の文化の特徴によって、1年続いて、ついに2008年に10月20日に全世界の制限する1枚の“ブランパンの乾坤カードのラッセル”の腕時計を製造しだして、そしてとても順調に故宮の初になって現代抵当に入れて腕時計を隠します。

盤面は“中華の太極”の設計に解け合って、陰陽が時間を溶け込むと言って、海に出るのが刺し縫いする乾坤の感現れるのを望んで、薄ねずみ色な対比は行き過ぎではなくて鮮明で、区別するのはまた明確で、伝統の陰陽図より更にやさしいです。

時計の文字盤の上で最も目立ったのは12時の押さえるラッセル(Carrouselに属して、メリーゴーランド)を意味して、それと陀はずみ車はたいへん接近して、派生しだしたのは初期に陀はずみ車の製作費ため高まってい価格はただ更に低いだけ、構造の更に簡単なののは捕らえて装置を跳躍して、結果は後期に人々はこの興味が陀はずみ車より制作技術が更に複雑なようなことを発見して、素子は更に多様で、価格を反対であることに下がらないで上がらせる。

二者の仕事の目的が一致して、すべて重力の腕時計の精密で正確な度に対する影響を相殺するのために現れて、それらの根本的な相違は伝送路線の上で、陀はずみ車は運用して歯車に固定して、骨組みを通じて(通って)回転して並べるになって陀がとシステムを捕らえてたとえを供えるのでも;ラッセルを押さえて設けないで歯車に固定して、第3者の歯車から2つの独立の互いに補う運行の輪列を動かして、両歯車の駆動チェーンの中で、1条の担当する骨組みは回転して、1条はシステムの運行を担当して捕らえるになってたとえ動力を伝送するのでも。

ラッセルの設計を押さえるのが更に複雑なため、必要の素子がもっと多くて、それ更に強い動力を提供して伝送することができて、運動エネルギーの損失もより小さくて、速さは更に安定的です。このようにどうして今陀はずみ車を尊重するそんなに多いブランドがもありますか?原因はとても簡単で、彼らは機能は似ていますが、しかしところが全く異なる2種類の技術、すべて保留して今なおそれを喜んでするに決まっていることができて、更に顧客のために多く選択の余地を提供したのを言う必要はありません。

初期の価格と複雑な技術は二者の最大の制限で、このごろさっと姿を変えて変身して表を作成するブランドの技術と実力になったの元素の中の一つを判定します。

個人は辺鄙な設計を表して更に恥をかくと感じて、盤面の上で直接感じることができるのはもしかすると我が国の陰陽の文化に対する敬意で、背面の特徴は更に明らかです:扮して陀を並べる“1735、ブランパン(BLANCPAIN)、乾隆、故宮”の元素の黒金があって、へりは中華の瑠璃瓦でスケッチして、大量の中華の元素の結合が黒くて、金、赤くて色を合わせて、すぐ高貴な皇室の息がまた完璧に故宮の設計を身に付けるのを表示します。現代の材質と機械的な技術を結び付けて、1組の中国と西洋の両方が備わっている完璧な絵巻に現れ出ます。

今回収入の故宮ことができますに、きっと中華の芸術のホールにブランパンの複雑な技術の最高について肯定するように代表したので、ブランドの知名度がもっと高いでしょう、故宮も間接的にそれを提供して現代の秘蔵品の水準に対して求めるようで、まったく共勝ちで、ブランパンの確かにいく腕前の良い棋。

サイズを表すのは43.5ミリメートルで、半分の透かし彫りの設計は一部の内部の構造の景観に現れ出て、また(まだ)完全よりずいぶん透かし彫りになり神秘感を注文して、12時に人がラッセルを押さえるを除いて、また(まだ)6時に人はアーチ形を設けて動いて機能を蓄えて、9時に人は2のポインターを設けて期日表示します。同時に、ラッセルの225を押さえて自動的に鎖のチップに行きを搭載して、共に262の素子、100時間動いて蓄えるのを保障することができます。

本当の話を言って、何度もの故宮に行ったことがあって、しかしこれまでそれを見たことがないで、今おそらく受け取られて先に殿内を献上するのに来たいですか?この殿のもとは清朝の皇帝の祖先に祭りを営む場所で、ここ数年来すでに故宮博物館の専属の時計館になって、その中は皇宮の各種の時計の秘蔵品を陳列していて、多数はすべて18、9世紀の時の舶来品で、一部の蘇州、広州からの国産の時計がまだあります。この中が表す便を最も愛するのは乾隆で、常に税関ウリ園に大金で西洋の時計を持ち帰るように命じて、故宮の読者達に行ってもしもそれが私の1回に帰ったのかどうかかに見えた時間があって、いつも見てみるのに行きたいです。