ジャクリーン・ケネディのカルティエの戦車は世の中に現れます

カルティエの戦車は世間の人のみんなに知れ渡っているすばらしい腕時計で、特にそれと多い有名人の間のストーリ、その中の最も誰でも知っているのはジャクリーン・ケネディのカルティエの戦車であるべきです。聞くところによると、ジャクリーン・ケネディのカルティエの戦車は6月21日にありをニューヨークで良い士に現れてオークションしなければなりません。

ジャクリーン・ケネディ、こちらは優雅で気高い有名な米国のアイドルで、かつてのファーストレディー、彼女の非凡な魅力と一生の伝奇で世界に彼女をしっかり覚えさせました。今回の間もなくオークションする腕時計は1963年に彼女の妹婿ポーランドの王子StasRadziwill彼女にあげるプレゼントで、当時2月親友とと一緒にPalmBeachの行う50マイルの徒歩旅行のイベントで彼らを紀念するため。ジャクリーン・ケネディはただ一部だけがに参与して完全なイベントに参加しません。

この腕時計は1枚の黄金カルティエの戦車で、内部は1枚の小型の手動の上弦のチップを搭載して、そして精密なワシの細い磨くサファイアを添えて冠を表します。腕時計の磨損の程度はとても小さくて、時計の文字盤の上でカルティエの標識がはっきりしていてわかって、6時に位置のまっすぐな上方は“France”の署名があります。時計の文字盤から腕時計が一定年齢がありを見抜くことができて、藍鋼のポインターの中心のさびる跡が明らかで、黒色のローマの時に一定のに色落ちするようにもありを表示して、分の軌道のへりは一定のに気絶して染めるようにもあります。

取り上げる価値があったのは、この腕時計はカルティエTankNormaleに属して、TankNormaleはカルティエの生産する1番早い戦車がモデルを表すので、しかし更に流行っているLouisCartier Tankに後の者が先の者を追い越されて、評判はずっとLouisCartierTankほど大きくありません。その上、時計の文字盤の上に“フランス”の標示があるだけではなくて、腕時計の背面で“フランス製”の署名もあって、この腕時計はその時にフランスパリカルティエの高級品店が買ったのです。注意する必要があったのは、その時、世界で3つの場所しかなくてカルティエの製品を買うことができて、それぞれニューヨーク、ロンドンとパリカルティエの高級品店で、第3者の小売りするカルティエがありません。

ジャクリーン・ケネディがこの腕時計を受け取った後によくつけて、私達は多くのクラシックの写真中でこの腕時計を見ることができました。でも一説もあって、ジャクリーンのよくつけるカルティエの戦車は1963年にケネディ大統領がジャクリーンのひとつのカルティエの戦車の腕時計にあげのでことがあるので、表す背面は“を刻んでいますToJackie、 LoveJack”。

この腕時計の背面は同様に直筆の刻字があります。上は”Stas to Jackie を刻んでいます/ 23 Feb. 63 / 2:05 AM to 9:35 PM.”,人物、期日、開始時間の時間は終わりとすべて含まれます。この時間もジャクリーン・ケネディの彼女の妹婿ポーランドの王子StasRadziwillとと一緒に歩いたことがある時間です。こんなにきれいな腕時計は十分に20時間近くの旅行を奨励するようです。

腕時計を除いて、いっしょに、それはつまりポーランドの王子StasRadziwillの絵をオークションするでしょう1件の普通ではないものがもあります。この絵はジャクリーン・ケネディが自分の手で描いたので、彼の友達ChuckSpaldingとと一緒に1枚のStasRadziwill徒歩旅行の絵です。描く手書きの署名はと彫刻のを背負ってほとんどそっくりなことを表して、はい“February23、 1963 2:05 am to 9:35 pm / Jackie to Stas with love andadmiration”。今回に至って現れる前に、この絵の存在は知っている人がありません。

その他に、この時計はこれと描く競売所得の一部分はNationalEndowment for theArts(国家芸術基金会)に寄付するでしょう、しかも提供者は匿名(原因が言うまでもない)を維持するのを求めます。腕時計は$60のため値段を見積もって、000-$120,000,でもこのようなもの、いいえ最後まで(に)誰も最後まで知らないでいくらをたたくことができて、私達に切に期待していさせます。