自由航行IWCは怒る戦機のパイロットの自動腕時計を噴き出します

IWCの今年出す新作は怒る戦機のパイロットのシリーズの腕時計を噴き出して、大衆の多重リストの友達の歓迎を世間に現れるとすぐに受けました。今日私達の言うこのモデルは怒るシリーズの腕時計を噴き出して、複雑で巧みで完璧な万年暦ではなくて、精密で必ず丈夫なのが火を噴き出して計を飛びがでもなくて、その中の1モデルの最もシンプルなクラシックがモデルを表すのです。

39ミリメートルの表す殻の直径が更に便利で日常でつけて、もっと多い人の群れに適合します。オリーブグリーンの時計の文字盤の上でアラビア数字を採用する時表示して、ポインターが時と被覆を表示して皆白色の夜光の上塗りがあって、夜間のはっきりしているの読みを保証する時。腕時計の3時の位置は独立するカレンダーのレプリカ時計表示ウィンドウが設置されています。青銅の材質の表すのが冠の上で彫り刻んで万国のクラシックのブランドマークがあって、かつ周りでスキミング防止の筋模様設計を採用して、つける者操作の腕時計に便宜を図ります。腕時計は1条の茶褐色の小さい牛革の腕時計のバンドによく合って、腕時計の復古の風格を出しをはっきりと示します。

IWCの32110型はチップを自製してこの腕時計の上で初めて見得を切て、このチップの設計は重点的にその堅固さ性と信頼度にあって、ケイ素の質のモジュールを配備して、雁木車はと竿をついて皆ケイ素の質の材料で製造して、双方向のつめの上で鎖システムはチップのために必要なエネルギーを提供して、動力は貯蓄して72時間になります。腕時計の時計は背負って怒る戦闘機を噴き出す図案を彫り刻みました。

万国は怒る戦機のシリーズの自動腕時計を噴き出してその他に殻を表して黒色の時計の文字盤、緑色の織物の腕時計のバンドによく合う1モデルの採用の精密な鋼がもあって、このは色を合わせてSpitfireが怒る戦闘機のを噴き出して客室の色を運転するのに生まれます。IWC万国は表を作成する途中絶えずの前に行と革新して、私達のために1モデルのまた1モデルの人に驚喜させる腕時計を現します。