皆力の丸いスピードコーンとゴマの鎖の構造の一大の特色

皆力の丸いスピードコーンとゴマの鎖の構造の一大の特色:FB-T.FC.Rチップのぜんまいの箱は“マルタの十字”(Croix de Malte)の期限と称させられて装置を締めるのを搭載します。それは主なぜんまいの上で鎖の巻数を制限することができて、約6周ぐらい制御して、かつただぜんまいの最も安定的な部分だけを運用して、ぜんまいが十分補充する時、止まって設置を断ち切ってオートマチックステイの上で鎖ができて、鎖を防止して極端です。ぜんまいの環帯は今3キログラムの力を備えて、ただ数ミリメートルの部品にとってとても見るに値するのと言えます。

チップの安全の為の保護性能を高めるため、Chronométrie FERDINAND BERTHOUD精密な時計算する技師達は冠を表すために運動力測定機能を加えて、あまりに力を入れないようにして鎖はチップが壊しを招きます。

FB-T.FC.Rチップの中でカップリングの秒針の駆動チェーン陀はずみ車は67の部品を直径の16.55ミリメートルのチタンの金の骨組み中で集まって、骨組みが矢じりの形の精密な鋼橋板の上でで固定的で、矢じりはぜんまいの箱皆力の円のスピードコーンの間を指しますと。つり合わせるために捕らえてシステムを跳躍して、大型陀はずみ車の骨組み装置は2粒の18K金の分銅を搭載します。このランゲ&ゾーネコピーきんでている陀はずみ車装置のFB―T.を搭載しますFC.Rチップはスイスの政府天文台を通じて(通って)精密な時計算して(COSC)を認証して、名実ともに備わる天文台になって表します。同時に、陀はずみ車は毎分回転する一サークルは秒針の設計がそれを一般のものとは異ならせを表示しません。Chronomètre Ferdinand Berthoud FB 1R.6-1の精密な時計算して中央の秒針を持って、この本当は陀はずみ車の腕時計の中でめったにないで、繊細で精巧で細長い中央の秒針は青銅を採用して製造して、極度が珍しく安定的なことが精密で正確でしかも秒間を出しを指示します。

伝統の腕時計設計中で、機械的な装置が構造と選択して使用した材質と表面設計と品質を磨き上げるのが分けられません。この方面で、Chronomètre Ferdinand Berthoud FB 1R.6-1の精密な時計算して搭載したチップまた1つの特殊な模範となる事例に属します。FB-T.FC.Rチップの添え板は処理するドイツの銀を経ていないで精製を採用するので、いわゆる“ドイツの銀”(maillechort)は銅、亜鉛、ニッケル合金で、売り払った後に独特な明るい感を現して、材質の自身が非常にきゃしゃで弱いで、だから作って過程で修復することができないいかなる傷がありますと、部品べきなら必ず捨てなければならなくて、また改めて鋳造します。ドイツの銀の色合いは一般のものとは異なる特色を持って、暖かい色調のグレー、専門の人専門家は一目で弁別することができます。

ドイツの銀の材質このも結合の上でChronomètre Ferdinand Berthoudが精密な時計算するブランドの初めて使う精密な鋼の材質、つまりとても丈夫で長持ちしたのは炭素棒の鋼にしみます。それはハイテクの表層の化学熱処理を通って、炭素の原子を間充織で原理に拡散して鋼材にしみ込んで合金の硬度を強化するのを目指して、同時に鋼材の原始の特性を維持します。炭素棒の鋼にしみてChronomètre Ferdinand Berthoud FB 突破の記録する1200ビッカース硬さ、このような高の硬度の特性に達します1R.6―1の精密な時計算して特に吹きに耐えて漕ぎます。このような炭素棒の鋼にしみて現在宇宙工業によく使われて、人に18世紀までなんじのディナン・ベルの図(FerdinandBerthoud)の大家の製造した航海の時計がかかってきわめて丈夫で長持ちする材質を使うため連想させて、海上に探険して順調に展開させます。