ロレックスはホールを成し遂げます

慈善と教育を通じて(通って)、個人にきんでている業績を求めるように励まします

ロレックスはホール(The Rolex Institute)を成し遂げて積極的に各種の慈善と教育計画を展開します。当は建てて創立者のハンス・ウェルズの多い夫(HansWilsdorf)の創建精神に基づきを計画して、彼の視貢献社会は自分の務めで、そして異なる機関と人を支持するのに力を尽くして、更にすばらしい明日を創造するために努力して、同時に新世代を啓発します。

40数年来、ロレックスはずっと企業の慈善事業の最前線を歩いて、ブランドは1976年からロレックスにやっと偉の省略する大賞(Rolex Awards for Enterprise)が勇ましいように出して、力を尽くして科学と環境の方面で革新する人を突破するのを行いを支持します。

ロレックスが芸を作って出資し援助することを推薦する(The Rolex Mentor and Protégé Arts Initiative)がブランドの第2項の大型の慈善プロジェクトを計画します。この計画は2002年に初めて催しを始めて、更に全世界の文化の発展を推進するのを目指します。当は世界各地を追求するのに力を尽くして非常に素質の若い芸術家を備えるのを計画して、そして彼らと芸術の大家に師弟になるように手配して、1年を期間とする指導を受けて、同時にいっしょに力を合わせて創作します。ロレックスも受けてその通りにして表現する伝統ときんでているの、優良品質を支持して、芸術の新鋭に十分な時間が成長を学んで、創作するのブランド時計コピーがおよび、いさせます。当計画は16年前に出してから、ずっと異なる時代、文化と領域の芸術家に交流を増進するように駆り立てて、世界各地の芸術の伝統が世代互いに被りを確保します。

ロレックスはホールを成し遂げて時計業と技術の領域で久しくマイナスの高い名声の教育のイベントを請け負いました。例えば、ロレックスはスイスローザンヌ連邦の理工学院新ロレックス研修センター(École polytechnique fédérale de Lausanne、EPFL)の主要な出資援助者です。ロレックスは米国ペンシルベニア州とボンベイで多間制表学校を出資し援助して、これらの学校の創立する目的は当産業の最も厳格な要求によって専門の時計の技師を育成するのです。しかし、は卒業生は必要ではなくてロレックスの仕事のため。