“高級のオーダー制”は1つの腕時計のブランドの技術の能力と芸術の求める指標を評価す

“高級のオーダー制”は1つの腕時計のブランドの技術の能力と芸術の求める指標を評価するので、スイス高級制表ブランドブランパンBlancpainはMetierd’Art芸術の大家の仕事部屋で毎年持続的に稀少な技術と絶妙な霊感の高級のオーダー制の腕時計の作品を兼備するのを出して、筆頭になって壇を代表します。

ずっと優秀な古い技術を伝承してそして一層光彩を放ちを堅持して、ブランパン現代創造能力をかなり備える高級の腕時計のブランドの手本になります。働く室内、スイスの国宝級の大家の光り輝いていて固定していないで一連の伝承が絶える百年、新鮮に表を作成する業界の古い手作業の技術に見えて、腕時計の作品を溶け込んで、その中はブランパンだけあるダマスカスが金、赤い銅、備長炭を埋め込みするのを含んで、および業界の優秀な水準の金に、エナメル、イベント人の偶数などの非凡な技術を彫るように代表します。更に持ったのオーデマピゲコピーとが値して、ブランパンは絶えず境に挑戦して、多種の非凡な技術を集中的に1枚の腕時計の上で現れて、そのアーティスティックプレゼンテーション力の豊かにする性と腕時計の収集の価値を強化します。

2018年、ブランパンの“四大美人”の高級のオーダー制のシリーズの腕時計は厳かに発表されて、そしてその霊感の国家にありを――中国、全世界を行って初めて発行します。2018年9月5日~9日、中国の時計の謎の上海IFC国の金のマーケットに向かうことができる中庭、国内一の美人の芳と華を見ますと。

ブランパンと中国は深い源を持っていて、中国の後の世まで伝わるすばらしい研究についていままでずっと激情を満たして、そして何度も中自国の文字で霊感に変わって創作して、耽美の梁祝、風のオランダのチョウなどが小さくてエナメルの高級のオーダー制の腕時計を描いて、皆東方の文化の倦まずたゆまずのが研究するについてブランドが現れました。巧みで完璧なスイスのトップクラスの表を作成する技術が再度出会って時にロマンチックな色の東方の伝奇を高く備える、“四大美人”の高級のオーダー制のシリーズの腕時計、非凡な技術の大成に集まって、“妃の酔う酒”、“テンのセミの15夜の月”、“昭君は遠くへ嫁ぐ”と“西施が紗を洗う”の美しい姿の米の態を、4つのただ1つの朕の品物の腕時計上で描写して、平方寸の時計の文字盤、美人が絵のようで、ストーリで、縁もです。

妃は花に対してただ飲んで、酔う中に米を持って、百が美しく甘やかすのがいきいきです。月の西の星が薄くて、明るい皇はずいぶん待ったが来ません。ブランパンの芸術の大家達は静かだで現して動いて、精妙に取って華の従う妃を着るのをつかんで、慌てて群れのボタンに対して、酒の酒つぼ気の向くままに飲むこびを手に持ちます。小さくエナメルの技術の酔いが回るでしょう美人を描いて描写して真に迫っていて、やさしい色もこのために周りを見回すのが思いこがれて更に1部のやさしい心を増やすとロマンチックです。