最大の時計の盛会はどうしてこのように心配します

2016年に、タイメックスグループがバーゼルを離れて展を表しを決定する時《フォーブス》にはっきり言います:毎年300万ドルの展示に参加する費用は巨額の資本で、来る人はだんだん少なくなります。これらのお金が多分使うのが別のところでもっと良いです。すでに成り果ててプラットフォームを展示するのを展覧して、単に製品を展示するのが明らかにネットワークのルートが更に役に立つのです。

スイスの時計展の不景気な原因もとっくに明確にしました:定価が高すぎて、数字の時代で展示業者とのために者を見て所定の位置につくサービスを提供することができなかった。

SwatchGroupのは宣言に別れていっそう情実を残しません。それはスイスにメディアをNZZamSonntagを教えて、毎年展示に参加する投入が1.53億元を上回る、会場の借り賃がとても高価だ、ために“私達の展示業者が分担事務所の高価な場所の保護コストではない”。数字の時代で、伝統の時計展はすでに速いリズムの業界の生態に適しなかったです。

展示に参加するブランドの数量の下落、1つの否定できない事実です。2015年、バーゼルに参加して展のブランドの数量を表す2000余り家があって、2016はまだ選ぶのが引き続き残してバーゼル展を表す1500社のブランドがあります;2018年、展示業者の数字は中断して、700社のブランドまで(に)ただバーゼルを選ばないで年度の新型の開幕する時間として展を表すだけに残って、組織委員会はどうしても3基の展示館を閉めなければなりませんでした;2019年、バーゼルの表す展のブランドの数量に参与してただ約520社だけ残って、離れたのはSwatchGroupを除いて、世がコルムが珍しいと施華洛がもあります。

今回の離れる2つのブランド、ブルガリの理由は疫病発生の情況が日に日に全世界で流行っているのをもたらしとと関係がありです。GUCCI、いっそのロレックスコピーこと理由にさえ省きました。

実はバーゼルが展を表して過去の数年の中に決して少しもしないのではなくて、積極的な救済措置をもとって、2018年に新しい理事の社長MichelLoris―Melikoffを任命して、ホテルの協議とチェックインの価格を引き下げて、展会時間(8日から6日まで着きを減らす)などを調整して、展示業者のコストを下げる。しかしすべての努力はすべて効果は非常に少ないようです。その上2019年のバーゼルは展を表して“最も理想的ではない一回の時計展”に選ばれて、組織委員会自分でさえあまり気に入りません。

スケジュールによって、時計は奇跡展と4月25日に始まって、バーゼルが展を表してをそれがしっかりつながって、4月30日に開幕します。2が大きく開催日の“背中合わせで”の決定を展覧するのが2018年にしたので、展覧期間がつながって2024年に着くでしょう;今年のスイスの時計展の前で、SwatchGroupとセイコーはすべて単独で国際メディアと小売商のためにイベントを催します。GUCCIの年度新しくどのように現れるのを表すのとなるとですか?語る情報があって、ブランドは恐らくミラノのファッション週間の上で同時に腕時計の新型を発表します。

バーゼルは展を表して4月末にやっとしますが、しかしバーゼルから展の親会社MCHグループを表してすでに予定では3月に香港で催したのArtBaselをキャンセルして見に来を決定して、グループがついて寄るかどうか中止して今年のバーゼル展を表すかも知れないをの決定します。