オメガ(OMEGA)は3モデルの全く新しいセイウチのオリンピックのシリーズの金の腕時計が現れます

オメガ(OMEGA)はオリンピックのメダルを霊感にして、特に3モデルの全く新しいセイウチのオリンピックのシリーズの金の腕時計が現れます。オメガは1932年に初めてオリンピックの正式の時間単位の計算を担当して、盛んな冬季オリンピックと引き分けするのはオメガが第28回オリンピックの時間単位の計算の重任を担うのであるでしょう。オメガとオリンピックの協同関係はすでに2032年まで続いて、それによってオリンピックの時間単位の計算の百年の伝奇を創建し営みます。

オメガは1932年に初めてオリンピックの正式の時間単位の計算を担当して、盛んな冬季オリンピックと引き分けするのはオメガが第28回オリンピックの時間単位の計算の重任を担うのであるでしょう。オメガとオリンピックの協同関係はすでに2032年まで続いて、それによってオリンピックの時間単位の計算の百年の伝奇を創建し営みます。

この伝奇に向って敬意を表して、オメガが3種類の異なる金の質を採用するのは3モデルの時計の殻の直径を製造しだす皆39.5ミリメートルの腕時計で、それぞれ黄色の18K金、ですかSedna® 18K金と白色Canopus18K金。その中のCanopus金は全く新しい白色合金で、その旺盛で長い間続く色合いと清浄な色は腕時計に気高くて奇抜な風格を明らかに示させます。

3モデルの腕時計は皆18K金の製造した“葉の形”のポインターと時間の目盛りを配備して、白色のエナメルのアーチ型の時計の文字盤によく合って、オーデマピゲコピー時計の文字盤の上で扮して奇抜なオメガの復古マークがあって、分の小屋と“Seamaster”の字形はエナメルの材質を採用して製造します。

オメガとオリンピックの悠久の源が現れるため、手首は背負って18K金のトーラスを配備するのを説明して、トーラスの上で1932年のロサンゼルス(Los Angeles)のオリンピックから2032年のロサンゼルスのオリンピックすべてのまで(に)オメガのから正式の時間単位の計算のオリンピック主宰都市を担当して及び期日を催しを印刷してあります。オメガのオリンピックの伝奇的な旅はこの忘れがたい設計を通じて(通って)世間の人の目の前で現れます。

腕時計は茶褐色あるいは黒色の皮バンドによく合って、内部がオメガの8807を搭載してと軸が臻天文台のチップに着きます。全体の腕時計とチップは皆スイス連邦計量研究院(METAS)の設立した8項の苛酷なテストなければなりませんを通じて(通って)、ようやく獲得して臻天文台まで(に)認証することができます。

オメガは2018年2月に盛んな冬季オリンピックの開会と引き分けする時全く新しいセイウチのオリンピックのシリーズの金の腕時計を発表して、そしてこの世界レベルな冬季のスポーツの盛大な事のみごとに行うのを期待します。