ブランパンはずっと長期の海洋の公益プロジェクトに着目して

西方で深海に対して測定する援助のだんだん小さくなる今日、中国はずっと支持してこの長期の海洋事業を保護します。これとブランパンの海洋の理念は偶然に一致して、ブランパンはずっと長期の海洋の公益プロジェクトに着目して、1時の行為ではありません短い、。“海洋を想い抱く”の巡回展は中国ですでに北京、深セン、瀋陽、無錫、上海などの都市に歩いたことがあって、そして被ってもっと多い地区まで(に)継続するでしょう、根気よく続けて海洋の米を順次伝えて、できるだけ公衆の海洋の意識を呼び覚ましを望みます。

呉秀波は芸術で絶えず挑戦、精進に出演して、きわめて強い映画興行成績を持って力を呼びかけるだけではなくて、その上何度も奪い取って大賞に出演します;同時に、彼は積極的に海洋の野生の動物保護などの公益プロジェクトに身を投じて、深海の絶滅危惧種の救援したのが宣伝し教育するのに力を尽くします。ブランパンに言及する時、彼は表して、ブランパンと縁ができて、2年前にブランドのフランス南部で催した“海洋を想い抱く”の公益の事業のイベントに参加するのを招かれるので、彼は深く1つのブランドの強大なのと誠実を感じました。

公益の投入に対して専門の表を作成する領域のが絶えず改善するに、すべて彼のが自ら求めるのとまだ偶然に一致するのなのなのリシャールミルコピーにも関わらず。志と信念が一致する感覚は情誼の基礎を下へ結ぶので、更に共にいっしょに海洋の保護する動機に協力します。呉秀波は言います:“海洋、ブランパンの私にあげる1つ目のキーワードです。それに言及して、私にとても親切なことと感じさせて、同時にその緊迫感を保護するもあります。

これは自ら指摘なだけではなくて、同じくもっと多い人と分かち合いたくて、共に青い責任を引き受けるのに行って、これは確かにすべての個人がすべて自分の力に貢献するのが必要なのです。”現場で、呉秀波は海洋に書籍を寄贈して、書いてことづけて、この書籍は間もなく杭州から“移動”は福建省晋江市深滬鎮の華峰小学校に着いて、全国首席海洋公益図書館の館所蔵になります。全国首席海洋公益図書館、ブランパンと国家海洋局宣伝と教育センターで、共同で始める海洋の意識の公共の教育の実験プロジェクト。

この図書館はブランパンで特色の“移動海洋図書館”のプロジェクトの支持のもとで富を極めて、“海洋を想い抱く”のテーマの巡回展が都市に着いたのに従って、絶えず公衆の親切な寄贈を受け取ります。呉秀波も呼びかけるのを始めて、巡回展のつなぎ続ける航程の中で、みんなが自ら体験し実行するのを望んで、積極的に寄贈して、海洋の米を、しみ込んで国家の未来の青少年達の心の中で代表します。イベントが終わった後に、呉秀波は多い賓客とと一緒にステップは地区を展覧して、各目的に新しく進展するように理解して、海洋の米を鑑賞して、50噚シリーズのすばらしい魅力を経験します。