陀はずみ車はとラッセルを押さえます

多くの人は陀はずみ車を知っていて、同じく聞いたことがあってラッセルを押さえて、更に言い方をかえるだと思う多くの人があります。どのように二者のネット上の各道の大先輩の英傑達を区分するのも少なく書かないで、結果のしっかり覚えるような人はとても多いのがでもなくて、私が倒れるのは大先輩の書くのが恥をかくに比べて自分を言うのではなくて、このような先の者に続いて次々と突き進む科学普及の形式がどのくらい見た必要な読者がただあることができるだけを望みます。

初期の時に機械の懐中時計はよくぜんまいの緩さ度、金属の疲れる度と重力の影響を受けて、わりに大きい誤差を形成して、これらがこの2種類の機能がやっと現れるのに影響するのためを取り除く。腕時計は懐中時計のスーパーコピー時計ようだ同様に長期にわたり垂直に放置しないのでなければならなくて、受ける影響は自然ともとはそんなに大きくありませんて、この2種類の機能のこのごろの技術性は実用性をはるかに超えます。

ラッセルを押さえるのが陀はずみ車の失敗する劣等品をまねたいのだとも思う人がいて、その確かに陀はずみ車に取って代わりたくて、同時に陀はずみ車に比べて陀はずみ車とと同じ素子、価格安い、の更に親民を創造します。

ブレゲは1775年の時陀はずみ車(Tourbillon)の構想を出して、着いて1801年6月26日にやっと特許番号を受け取って、ラッセルを押さえてまるまるそれに比べて遅いをの要して91年現れます。

ラッセル(Karrusel)の発明者を押さえるのはBahne Bonniksen(1859-1935)が1892年の時発明したので、こちらのロンドンデンマーク籍の表を作成する師は全く新しい複雑な技術(陀はずみ車Lv2.0に相当する)に頼って一挙に特許(特許番号:21421)を押さえます。問題などは彼は発明し終わってほどなくはっきりと現れてきて、約束する価格ライン更に親民吶ですか?かえって陀はずみ車より更に高くなってどんな幽霊です。