バセロン・コンスタンチンとマルタの十字は表します

すべての腕時計のブランドはすべてそれの自分のブランドの文化を持っていて、これはそれらの自分のIPに属するので、時間が歴史とそれらの印を与えるです。バセロン・コンスタンチンの最も有名なのはマルタの十字が表すで、かつ1880年にバセロン・コンスタンチンはベルン連邦の工業所有権の事務室にマルタの十字の図案の特許の証明書を申請して、今日みんなとバセロン・コンスタンチンとマルタの十字のストーリに少しおしゃべりします。

マルタは地中海の1つの島国に位置するので、“地中海の心臓”の称を持っていて、イタリアシチリア島南部、気候は典型的な地中海の気候、景色の喜ぶ人です。でも歴史の上のマルタは1つの多難な場所で、紀元前750年にふくらはぎの尼の基人がマルタ表門をたたき始める始まります、ローマ人、アラブ人、スペイン人は続けざまにマルタのこの土地に足を踏み入れるセントジョンズの騎士の団がもあります。11世紀までマルタの1群の南のイタリアからの使用人の兵はマルタに来て、かつそれをその時のシチリア島の版図に組み入れて、マルタは正式に神が教化するのを始めます。それは正に十字軍の東征の年代で、ローマの神のローマ法王はその時のビザンチン帝国に向って出し始めて進撃して、もとを奪回してローマのカトリック教の聖地のエルサレムに属するのを誓って、かつみごとに主な聖人の墓を奪回しました。あの時三大騎士の団があって、それぞれ聖人院の騎士の団、聖人の殿の騎士の団が条と騎士の団にちょっと止まるのです。その中の聖人院の騎士の団はまたロトの騎士の団、聖人もし筆の騎士の団を語って、最後にマルタの騎士の団に進展変化して、実は団の最初の標準は赤い底の白色のダイウイキョウの十字で、このようなダイウイキョウの十字も騎士の団のため“マルタの十字”と称させられて、バセロン・コンスタンチンの上で見えたのがやはり(それとも)かすかな違いがありと。

信徒にとってマルタの十字は特殊な意味を持っていて、すべての分枝は美徳を代表しました:賢明だ、管轄、正義と力、これもあの時の騎士精神です。8つの点となると、“本当の福の8端”を参考にしました:謙虚で、礼儀正しくて、哀れみ、同情して、平和で、忠実で、清らかで、労苦に耐えます。どうしてバセロン・コンスタンチンは1880年にこのブランドのタグとしてそれを選んで、そのシンボルとしてですか?実はとても簡単で、ただその手作業で表を作成して適切にぜんまいの緩さの歯車の形とそれを調整して非常に似ているの時計コピーに用いるため、そのシンボルになりました。でももしかしバセロン・コンスタンチンの代理店はパリにあるマルタの街が長い間居住したことがあってことがあると言う人がいて、この行為に表すように選択して使用しました。

事実は何がすでに試験することができる史がなかったので、小さく編んで更にバセロン・コンスタンチンの創始者を信じるのがカトリック教一族を願って、あるいはマルタの騎士の団の後裔で、犬の血がいくらかありますが、しかしいっそう人を譲りやすくてしっかり覚えます。