格拉蘇蒂のオリジナルに出会います

“贅沢品界のオスカー”の称のバーゼル国際真珠や宝石の時計展がもとからあって順調に幕を開けます。有名な役者の張暁竜は贈り物で行者の身分を学んでドイツの腕時計のブランドの格拉蘇蒂のオリジナルな展示台に現れます。格拉蘇蒂のオリジナルの全世界の総裁YannGamard先生は自ら張暁竜のために源を発して1845年にドイツのトップクラスの表を作成する文化が巧みで完璧な技術を伝承するのをと述べます。

暖かい男性の張暁竜のは青い立派な服装を襲いますと、スマートで、手首間でと青い時計の文字盤に電気めっきをしてルイジアナ州ワニの艶消しの皮バンドの格拉蘇蒂のオリジナルの2015バーゼルの新型の精密な鋼のモデルによく合ってどうしても心が動いて腕時計PanoReserveを蓄えて持ちつ持たれつで更によくなって、更に現すのが英知に富んでいて落ち着きます。

1845年から始まって、格拉蘇蒂はオリジナルなのはずっとドイツのトップクラスの表を作成する技術を代表して、伝承して薩克森王国の表を作成する業から今なおの純粋な血筋を創始して、世界に名をとどろかします。自律する苛酷な表を作成する標準、格拉蘇蒂が1枚だとのためオリジナルだ時にはかるからだ製造する製造する道具そして、自分で作る精巧で美しい時計の文字盤、所属の四大シリーズの腕時計の100%組み立てるオリジナル自制するチップ、95%のチップの部品もと工場の自制、から言えます純粋なドイツ製。