ブライトリングの航空の時間単位の計算の01

年度に誕生します:1952年

ブライトリングの航空の時間単位の計算(navitimer)は1952年に誕生して、ブライトリングのから1942年に出す機械的な時間単位の計算(Chronomat)の時間単位の計算が発展を表して来るのです。ブライトリングの航空の時間単位の計算は小屋を表す回転する“飛行のつるつるな歯”が有名なことができて、回転する“飛行のつるつるな歯”を通じて(通って)各種の飛行の必要なデータを推測することができて、歴史の上で最初パイロットの専門的に研究開発する飛行の時間単位の計算のために中の一つを表すのです。複雑な“飛行のつるつるな歯”の盤面、極めて大きく航空の時間単位の計算(navitimer)の識別度を増加しました。同時に歴史の上で専門飛行機関に認証させられます。

ブライトリングの航空の時間単位の計算(navitimer)は前世紀から50年代ずっと今なお続いて、大量の型番を出したことがあります。歴史の上でValjoux72を使ったことがある、Venus178、caliber11、ETA7750の多種のチップ、そして2010年までブライトリングは自分で作るB01の自動時間単位の計算のチップを出して、ブライトリングの航空の時間単位の計算は自分で作るチップを使いを始めて、つまり航空の時間単位の計算B01時間単位の計算は表します。

現在のところ、ブライトリングは航空の時間単位の計算(navitimer)の基礎の上で、多種の型番を出して、大きい3針を含みます。航空の時間単位の計算の核心時間単位の計算が表す方面に、今依然として通用するチップの型番(ETA7750チップ)がとB01の自分で作るチップの型番を使いを含みます。相応して、通用するチップの型番の公の価格は少し低くて、B01の自分で作るチップの型番の公の価格は少し高いです。ブライトリングの航空の時間単位の計算B01の自分で作るチップの型番、チップ技術の配置がもっと高い以外、守る5年の質があって、これは自分で作るチップバージョンの1つの優位(通用するチップが2年の質守るのだ)です。その上ブライトリングの航空の時間単位の計算は41、43から46まで、各種のサイズがあって、異なるプレーヤーのロレックススーパーコピー計略に適合します。